「期待値」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「期待値」の意味とは

期待値とは、パチンコやパチスロでどれだけ勝てるかが数値化されたものという意味です。

「期待値」の語源

期待値の語源は、数学における確率の一種である「期待値」です。
たとえば、100本のくじのなかに当たりくじがあり、100円の当たりくじが1本、50円の当たりくじが2本、10円の当たりくじが5本含まれている場合、期待値は、下記のようになります。
(100×1+50×2+10×5)÷100=2.5円
この「2.5円」を、「このくじ1本を引くときの期待値」といいます。

「期待値」の特徴

パチスロにおける期待値は、1日打ってどれだけ勝てるかを金額やパーセンテージで数値化したものになります。

一般的に、下記で算出できます。
期待値(その台で1日打ってどのくらいの金額が出るか)=メダルの投入枚数×機械割―メダルの投入枚数

機械割とは、その台の設定でどれだけ儲かるかを数値化したもので、機械割が100%を超えているとその台は儲かりやすいということになります。

機械割は、下記のように算出します。
機械割=総払い出し枚数÷総投入枚数×100
=(総投入枚数+出玉枚数ー現金投資枚数)÷総投入枚数×100

払い出し枚数とは、パチスロから払いだされたメダルの枚数をさし、投入枚数とは、パチスロへ投入したメダルの枚数をさします。

「期待値」の英語表現

英語では、「期待する」を意味する「expect」を使って、「expectation value」「expected value」と表します。
―a result that is far away from the expected value(期待値から遠くはずれた結果)

「期待値」はどこの界隈で使われるのか

パチンコ・パチスロ業界で使われる言葉です。パチンコやパチスロで生計を立てる際には、利益が出なければならないため、なんらかの数値に基づいて勝とうとします。
その場合に、必ず考えなければならないのが期待値になります。
ここでの期待値は、掛け金に対してどれだけ戻ってくるかを意味する場合が多いです。

「期待値」の例文・用例

期待値

期待値を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

期待値を理解しないで、パチスロに勝つことは不可能だ。
●初当たり1回あたりに得られる出玉の期待値は約5千個だ。

SNSでの「期待値」の使われ方

「期待値」の類義語

期待値の類義語は、「信頼度」です。
意味は、パチスロで特定の予告やリーチが大当たりする割合です。

「期待値」の対義語・反意語

期待値の対義語は、「リスク」です。
意味は、パチスロで負けたり、利益がマイナスに傾くことです。
パチスロにおいて、期待値は、勝つ確率が高い場合に使われることが多く、負ける場合の期待値は「リスク」と表現することが多いです。