「筐体」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「筐体」の意味とは

筐体とは、「きょうたい」と読み、パチンコ台やパチスロ台の機械の枠という意味です。

「筐体」の特徴

パチンコやパチスロの機械の枠をさします。
液晶モニタ―とキャラクターなどが描かれた盤面以外の外枠をさし、上皿、下皿、ハンドル、ボタンといった,プレイする上で必要となる部品で構成されます。

特に演出用のボタンはメーカーの独自性が発揮される部分で、大きさや形の種類は、筐体によってさまざまです。

筐体のデザインによって、液晶画面を大きくできたり、セキュリティーが向上したりするため、各メーカーが競って、新しいデザインを開発しています。

「筐体」の価格

筐体の価格は新品のものは100万円程度します。
新機種を導入する際の機械代はパチンコ店が負担するため、経費削減を考える店舗もあります。

パチンコでは機種が新しくなっても、基本的にはそれまでの筐体をそのまま使うことが可能です。この場合、盤面と基盤を取り替えるだけで、新たに筐体の料金を払うことなく、新機種が完成するため、機械代が削減できます。

「筐体」の英語表現

英語では、「caseケース」「housingハウジング」「enclosureエンクロージャー」と呼ばれています。

「筐体」の別の意味や使われ方

一般的には、機器類を中に収める箱形の容器をさします。
日常生活のなかでは、スマートフォンやパソコンのケース、自動車や飛行機の外板など、幅広い意味で使われます。

「筐体」の例文・用例

筐体

筐体を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●新台の筐体デザインがかっこいい。
●パチスロの筐体を中古で買おうかどうか迷っている。

SNSでの「筐体」の使われ方

「筐体」の類義語

筐体の類義語はありませんでした。

「筐体」の対義語・反意語

筐体の対義語・反意語はありませんでした。