「LPO(Landing Page Optimization)」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「LPO(Landing Page Optimization)」の意味とは

LPO(Landing Page Optimization)とは、LP(ランディングページ)をユーザーのニーズに合わせて最適化し、成約率を上げるというマーケティング手法のことです。

「LP(ランディングページ)」とは、検索結果や広告などを経由して、ユーザーが最初に辿り着くページのことです。
WEBマーケティング業界においては特に、訪問者のアクション(お問い合わせや登録、購入など)を促すことに特化した縦長1ページでレイアウトされたページのことを指していて、一般的に「LP」といえばこちらを指すことがほとんどです。

「LPO(Landing Page Optimization)」の普及の背景

日本で特にLPOの認知度が高まったのは、2006年にGoogleが「Website Optimizer」というLPOツールの提供を開始したのがきっかけです。

LPOの需要が高まりを見せた背景には、「広告の費用対効果の頭打ち」が挙げられます。
広告価格が上昇し、1クリックの料金を高く設定して広告を上位表示させるようにしても、結果的に費用対効果が下がるようになってしまったのです。

クリック回数ではなく、1回の表示における効果を最大限に引き上げることが重要になった結果、LPOに注目が集まるようになりました。

「LPO(Landing Page Optimization)」のポイント

LPOにおいて最も大切なことは「テスト」と「ユーザーのニーズに応えること」です。

テスト

同じ商品でも、レイアウトやキャッチコピーなどを組み合わせればいくつものLPを作成することができます。実際にいくつかのLPを作成しランダムに表示させることで、どのLPが一番クリックや購買、登録に結び付いたのかを徹底的に検証することができます。

ユーザーのニーズに応える

現在のWEB広告では、検索文言だけでなくユーザーの閲覧履歴や購買履歴などを加味してユーザーにあった広告を表示させることができます。
より高い精度でユーザーに刺さる、的確にカスタマイズされたLPを用意し、表示できるように準備することが重要になってきます。

「LPO(Landing Page Optimization)」の例文・用例

LPO

LPO(Landing Page Optimization)を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●新商品の無料お試し体験を開始することになったので、LPOに特化したチームを作ることになったよ。
●もっとLPOを重ねて、成約率を上げないといけないな。

SNSでの「LPO(Landing Page Optimization)」の使われ方

「LPO(Landing Page Optimization)」の類義語

LPO(Landing Page Optimization)の類義語はありませんでした

「LPO(Landing Page Optimization)」の対義語・反意語

LPO(Landing Page Optimization)の対義語・反意語はありませんでした。