「港区おじさん」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「港区おじさん」の意味とは

港区おじさんとは、港区女子を経済的に支援している男性という意味です。

「港区おじさん」の語源

港区おじさんの語源ともなっている「港区女子」は、六本木や麻布十番といった東京都港区界隈を行動範囲やコミュニティの中心地とし、豪華な会食などを楽しむ女性のことを指します。

港区女子はこの活動で生計を立てているというわけではなく、OLや看護師など別の仕事をして自分で稼いでいるのが一般的です。しかし、身なりを整えながら高い家賃相場の区域に在住し、豪華な会食を楽しむには資金が足りない部分をバックアップしてくれる存在が必要です。
このような港区女子の経済的なバックアップをしているのが、港区おじさんです。

「港区おじさん」の特徴

港区おじさんの最大の特徴は、「経済的に余裕があること」です。
30代後半から40代前半の働き盛りの世代で、会社の役員や自分で起業しているといった人が多く、中小企業を経営しているといった男性も存在します。

また、経済力以外にも仕事や港区での人付き合いなどを通して培った人脈も持ち合わせています。
港区女子と親密に食事をすることもあれば、「ギャラ飲み」と呼ばれる、主催者が参加者に報酬を支払うような飲み会を開催することもあります。

港区女子は港区おじさんの持つ経済力、人脈に魅力を感じ、港区おじさんは港区女子の華やかさや一緒に過ごす時間の楽しさに惹かれ、win-winの関係が築けているということになります。

「港区おじさん」の例文・用例

港区おじさん

港区おじさんを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●あいつあんなに稼いで港区おじさんにでもなるのかな。
●あれが噂の港区おじさんかな?

SNSでの「港区おじさん」の使われ方

「港区おじさん」の類義語

港区おじさんの類義語は、「港区女子」です。
芸能人や資産家などが集う東京都港区をその行動範囲の中心とし、豪華な会食などを楽しむ女性のことを指します。
港区おじさんは、この港区女子の経済的・立場的なバックアップをする存在ということでこのように呼ばれています。

「港区おじさん」の対義語・反意語

港区おじさんの対義語・反意語はありませんでした。