「モッパン動画」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「モッパン動画」の意味とは

モッパン動画とは、食べているシーンを撮影して配信した動画のことです。

「モッパン動画」の語源

モッパン動画の「モッパン」というのは、韓国の造語です。
韓国語で「食べる」を意味する「モクタ」と、「放送」を意味する「バンソン」という言葉を組み合わせた「モクパン=食べ物を食べているシーンを放送・配信する」という合成語が韓国にあり、日本人には「モッパン」と聞こえることから「出演者がひたすら食べ物を食べている動画」のことを「モッパン動画」と呼ぶようになりました。

モッパン動画の発祥の地である韓国では「ボキ」や「ナド」といった若い女性のYoutuberが多く活躍しています。

「モッパン動画」の特徴

食べ物を食べているシーンを投稿すれば「モッパン動画」といえますが、「美味しそうに」「たくさん、どんどん」食べるのが人気のあるモッパン動画の共通の特徴です。

2020年から始まった新型コロナウイルスの影響で家で一人で食事をする一人暮らしの若者も多い中、楽しそうに美味しく食べる動画を見ながらの食事は「癒し」のひとつとされています。また、発祥が韓国であることから、日本人のYouTuberも韓国グルメを食べるモッパン動画を多く投稿しており、目新しい韓国グルメを発掘する楽しみも生み出しています。

「モッパン動画」の例文・用例

もっぱん動画

モッパン動画を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●今日はもう疲れたからモッパン動画でも見てダラダラ飲もう…
モッパン動画見てたら新大久保で食べ歩きしたくなるよね。

SNSでの「モッパン動画」の使われ方

「モッパン動画」の類義語

モッパン動画の類義語は、「ASMR」です。
こちらは、食べている時の咀嚼音など、ちょっとゾワゾワするような「音」をメインとした動画のことです。「音フェチ動画」とも呼ばれます。
「ASMR」は「Autonomous Sensory Meridian Response」の略で、視覚や聴覚を刺激されてゾワゾワしたり心地よいと感じたりする反応のことを指します。咀嚼音だけでなく、雨音やキーボードのタイピング音など食べること以外の音も取り上げられるためモッパン動画と同義ではないですが、モッパン動画にASMR的な心地よさを求める人も多いです。

「モッパン動画」の対義語・反意語

モッパン動画の対義語・反意語はありませんでした。