「ちっぱい」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ちっぱい」の意味とは

ちっぱいとは、小ぶりな乳房という意味です。
世の中には小さめの胸をコンプレックスに思う女子も多いと言われますが、実際にはちっぱいが好きという男子もたくさんいます。
インターネット上では、アイドルマスターのキャラクターであ「如月千早」を指して言うことが多いようです。

「ちっぱい」の語源

ちっぱいの語源は、「小さなおっぱい」で、短く縮めて「ちっぱい」と言うようになりました。

「ちっぱい」と「つるぺた」との違い

「ちっぱい」は小さくとも胸があり、おそらくはAカップくらいのイメージで使われる言葉です。
しかしそれに対して「つるぺた」や「無乳」は、胸がほとんどない状態を指します。
ただし、いずれも蔑称と捉えられがちなので、女性に対して口にする前によく考えて使いましょう。
実際には希少価値であり、ステータスです。

「ちっぱい」の魅力

ちっぱいの女子はこんな風に魅力的です。

気にしている感じが可愛い

ちっぱいの女子は、胸の大きさをコンプレックスに感じていることが多く、恥ずかしいと思っていることが多いようです。
男子が女子の胸の話をしていると、気になって思わず胸元を隠してしまうこともあります。
逆にちっぱいの女子のそんな恥じらいが、男子にとってはたまらなくかわいく見えるのだとか。

純粋な感じがする

女子の胸が大きいと、無意識に男性経験と結びつけがちです。
しかしちっぱいの女子からはそういったいやらしいイメージがなく、健康的で清楚な良い印象を持たれます。

育ててみたくなる

小さな胸の女子は、好きな人に触られると大きくなると言われているので、それなら自分の手で育ててあげたいと思う男子が多いようです。

「ちっぱい」の例文・用例

ちっぱい

ちっぱいを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

ちっぱいをしていた。
ちっぱいだからってバカにしないでよね!

SNSでの「ちっぱい」の使われ方

「ちっぱい」の類義語

ちっぱいの類義語は、「貧乳」です。

「ちっぱい」の対義語・反意語

ちっぱいの対義語は、「巨乳」です。