「真皮」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「真皮」の意味とは

真皮とは、人体の皮膚の表皮内側にある、皮膚の本体という意味です。
真皮は肌表面にある表皮よりずっと厚い構造をしており、炎症に関係する「肥満細胞」や、免疫に関係する組織球が存在しています。
成分のほとんどは、繊維状のたんぱく質である「コラーゲン」で、その間をゼリー状の「ヒアルロン酸」が満たし、さらに「エラスチン」が加わることで、肌の弾力を保っています。
これらの基質や繊維を作っているものを「線維芽細胞」と言います。
なお、真皮の「乳頭層」「網状層」の中に、血管や汗腺、リンパ管などがあり、重要な役割を果たすものが多いのが特徴です。

「真皮」の作用

真皮は、コラーゲン、エラスチンなどによって弾力を保ち、肌を支えており、血管やリンパ管などの付属器によって、生理的な機能も担っています。

「真皮」内の血管の役割

真皮内では、血管が全体に広がっており、皮下組織の動脈や静脈に繋がっています。
毛細血管が表皮の基底細胞、真皮の線維芽細胞に栄養や酸素、水分を運び、二酸化炭素や老廃物を運び去る役目を果たしています。
また、暑くなると拡張し、寒くなると収縮して、体温の調節を担っています。

「真皮」の例文・用例

真皮

真皮を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●紫外線は真皮にも届くので、日焼け止めを塗らないと危険です。
●この美容液は、肌の真皮に働きかけてくれます。

SNSでの「真皮」の使われ方

「真皮」の類義語

真皮の類義語はありませんでした。

「真皮」の対義語・反意語

真皮の対義語・反意語はありませんでした。