「CTR(Click Through Rate)」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「CTR(Click Through Rate)」の意味とは

CTR(Click Through Rate)とは、クリック率のことで、広告表示回数に対してクリックされた割合を指すWEBマーケティング用語です。

「CTR(Click Through Rate)」の活用方法

CTRを求める計算式はこちらです。

広告がクリックされた数 ÷ 広告が表示された回数 × 100 = CTR

例えば広告が1000回表示され、そのうち50回クリックされた場合は「CTRが5%」ということになります。
表示された広告がクリックされたということは、誤タップなどを除けばユーザーはその広告のどこかしらに興味が湧いたということになります。
そのため、CTRを把握することで広告の「入り口」としての効果を測定することができるようになります。

「CTR(Click Through Rate)」のポイント

CTRに影響を与える要因はいくつかあります。

  • 広告に載せるキャッチフレーズ、煽り文
  • 広告のデザイン(クリエイティブ)
  • 表示される媒体のターゲット層

大きく分類すると以上のようなことがCTRに関与してきます。
リスティング広告などの、検索することでページ上やページ下に出てくる広告に関しては、検索キーワードとの親和性などが重要になってきます。

同じ業界の平均値よりもCTRが極端に低い場合などは、これらを意識して広告の改善をしていくのがポイントです。

「CTR(Click Through Rate)」の例文・用例

ctr

CTR(Click Through Rate)を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●自社のCTRが他社に比べて落ち込んでいるので、対策を練ろうと思います。
CTRを意識してタイトルを考えよう。

SNSでの「CTR(Click Through Rate)」の使われ方

「CTR(Click Through Rate)」の類義語

CTR(Click Through Rate)の類義語は、「クリックスルー率」です。
こちらも、CTRと同じ意味で使われています。

また、関連語として「CPC(Cost Per Click)」という言葉があります。
こちらは、1回のクリックに至るまでにかかる広告コストのことを指します。
もしCTRが高かったとしても、CPCが商材に比べて極端に高くなってしまうと結局赤字になってしまうため、どちらもバランスよく保つ必要があります。

「CTR(Click Through Rate)」の対義語・反意語

CTR(Click Through Rate)の対義語・反意語はありませんでした。