「バイラル」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「バイラル」の意味とは

バイラルとは、Webマーケティング において、情報が口コミで徐々に拡散していくという意味です。

「バイラル」の語源

バイラルの語源は、英語の「viral」で、「ウイルス性」という意味で、勝手に広まっていく様子をさします。
-viral infection(ウイルス感染)

「バイラル」の特徴

バイラルとは、もともとは「ウイルス性の」という意味でしたが、Webマーケティングやネット上では、「ウイルスのように徐々に拡散して、規模を拡大していく」様子をさす言葉として使われるようになりました。

「バイラル」の派生パターン

他の語と組み合わせて、「バイラル〇〇」という形で使われることがあります。

バイラルアド

「バイラル」は「ウイルス性の」、「アド」は「advertisement」の略で「広告」という意味です。「バイラルアド」とは、インターネット上の口コミ広告のことです。動画や音声などを使って作成されます。

バイラル現象

「バイラル現象」とは、一度拡散されると、ウイルスのように広がっていく現象のことをさします。主に、TwitterのツイートやInstagramの画像などを通じて「バイラル現象」が発生します。

バイラル動画

「バイラル動画」とはそのまま訳すと、ウイルス性の高い動画コンテンツとなります。具体的には、バイラル現象を起こしやすい動画コンテンツのことをさし、口コミやSNSのシェア機能によって視聴者を徐々に拡大していくような動画コンテンツをいいます。

「バイラル」はどこの界隈で使われるのか

「バイラル」はマーケティング業界で使われています。
「バイラルマーケティング」という語があり、これは、口コミを利用したマーケティングをさします。

広告の視聴回数や、広がっていく経路を把握できるため、これらのデータを役立てるマーケティングのことです。

ネット上に掲載された広告は、個人のブログやメールへの転載などを通じて、ネットワーク上に拡大するため、大きな広告効果が期待できます。

「バイラル」の例文・用例

バイラル

バイラルを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●この動画はバイラル現象が起こっている。
バイラルマーケティングを行なって収益を伸ばす。

SNSでの「バイラル」の使われ方

「バイラル」の類義語

バイラルの類義語はありませんでした。

「バイラル」の対義語・反意語

バイラルの対義語は、「バズる」です。
バイラルが徐々に拡散して広がっていく様子とは対照的に、「バズる」は突発的に急激に話題に上がる様子をさします。