「蒸らし」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「蒸らし」の意味とは

蒸らしとは、コーヒーを焙煎し始める段階で弱火でコーヒー生豆を温めて水分を飛ばしていく作業またはコーヒーや紅茶を抽出するとき、少量のお湯を含ませてから少し置く工程のことです。

コーヒーの蒸らしは、コーヒー生豆を煎る作業(焙煎)の初期段階やペーパードリップやネルドリップで抽出し始めるときに行います。コーヒー生豆には1割強の水分が含まれているため、いきなり高温を加えても生焼けになったり表面が焦げてしまったりする可能性があります。そこで、最初は弱火で温めながら水分を飛ばす必要があります。また、コーヒーを抽出するときは、コーヒーに含まれる油分が水分を弾くのを防ぐために、少量のお湯を含ませておいしい成分を抽出しやすくする必要があります。蒸らしの時間が30秒程度だとやや軽めの味となり、90秒以上になると苦みや酸味が強くなります。

紅茶もまた、蒸らすことでおいしい成分を抽出することができます。細かい茶葉の場合は2分半~3分程度、大きな茶葉の場合は3~4分程度など、紅茶の種類に合う蒸らし時間の目安があります。好みによって変えてみても良いでしょう。

「蒸らし」の例文・用例

蒸らし

蒸らしを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●うっかりしてたらコーヒーの蒸らし時間が長くなりすぎて、苦くなっちゃった。
●紅茶のおいしい蒸らし方を教えてもらえる?

SNSでの「蒸らし」の使われ方

「蒸らし」の類義語

蒸らしの類義語はありませんでした。

「蒸らし」の対義語・反意語

蒸らしの対義語・反意語はありませんでした。