「ダブル洗顔」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ダブル洗顔」の意味とは

ダブル洗顔とは、クレンジングでメイクを落とした後に洗顔料を使って洗顔するという意味です。

「ダブル洗顔」をする理由

メイクをした日はクレンジングオイルやクレンジングクリーム等でメイクを落とすのが一般的です。このようなクレンジング剤は、メイクや日焼け止めといった油性の汚れを効果的に落とすことができます。一方で洗顔料は古くなった角質や汗、ホコリといった水性の汚れを落とすことを目的としています。

そのためダブル洗顔は、メイクなどの油性の汚れと汗などの水性の汚れの両方を落とすために行われます。
また、クレンジングの種類によってはすすいでもベタつきやヌルつきとして肌に残ることもあり、それをスッキリと洗い流すためにダブル洗顔を取り入れる人も多いです。

「ダブル洗顔」の注意点

肌がスッキリとするためダブル洗顔を習慣的に行っている人も多いですが、肌質などによってはダブル洗顔が逆に肌荒れの原因となることもあります。

肌は摩擦の刺激に弱く、また必要以上に皮脂や角質を取り除くと乾燥してしまいます。
乾燥肌や敏感肌の人は、ダブル洗顔によって肌のバリア機能が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

ダブル洗顔は必要か不要か、というのは意見が分かれるところですが、肌質やその時の肌のコンディション、メイクの濃さなどによって判断するのが良いとされています。
クレンジング剤によっては「ダブル洗顔不要」と謳われているものもあるので、洗顔の後に肌がつっぱったり赤くなってしまう人はこのような商品を選ぶことで肌への摩擦を減らすことができます。

「ダブル洗顔」の例文・用例

ダブル洗顔

ダブル洗顔を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●このクレンジングオイルダブル洗顔いらないから楽だよ~!
ダブル洗顔辞めたら乾燥肌マシになった気がする。

SNSでの「ダブル洗顔」の使われ方

「ダブル洗顔」の類義語

ダブル洗顔の類義語は、「二度洗い」です。
こちらは洗顔料による洗顔を一度に二回行うことを指します。

「ダブル洗顔」の対義語・反意語

ダブル洗顔の対義語・反意語はありませんでした。