「意気消沈(いきしょうちん)」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「意気消沈」の意味とは

意気消沈とは、勢いが無くなるさま、または気持ちが落ち込んでいるさまを表す四字熟語です。

「いきしょうちん」と読みます。

「意気」と「消沈」が組み合わさった四字熟語です。

消沈の「消」はしばしば「銷」と表記されることがありますが、読みは同じです。

「意気」は「積極的に取り組もうとする気持ち」、消沈は「無くなったり、衰えること」を指します。

両方を合わせて「やる気や勢いが衰えること」というふうに解釈できます。

「やる気」「気持ち」など、あくまで衰えるのは内面であり、肉体的な疲労に対しては用いられません。

主に「仕事の失敗」や「ゲームやスポーツ等での敗北」「失恋」など、精神的なショックに付随することが多いです。

「意気消沈」の英語表現

意気消沈を英語で表現するには、以下2つの単語が適当です。

・despondency
・depression

どちらも「意気消沈」「落胆」などと翻訳されます。

「fall into despondency」とすれば「意気消沈する」というふうに動詞的に活用することができます。

文学作品における「意気消沈」の用例

文学作品の中で「意気消沈」がどのように用いられているか確認してみましょう。

まず、第一次戦後派を代表する小説家、武田泰淳は『森と湖のまつり』の中で、以下のように表現しています。

「今までツル子さんにすっかりやられて、意気銷沈してたところよ。」

また、夏目漱石の名作『吾輩は猫である』の中にも「意気消沈」を見つけることができます。

「面白いでしょう、あの頑固がんこなのが意気銷沈いきしょうちんしているところは、きっと見物みものですよ」

さらに『堕落論』で一世を風靡した坂口安吾の小説 『肝臓先生』の中で、「意気消沈」を以下のように用いています。

「終戦二年目の八月といえば、日本カイビャク以来これほど意気消沈していたことは例がない。と云うのは、その年の七月に、料理飲食店禁止令というものがでゝ、一切の飲みもの食べものの営業がバッタリと杜絶した。」

ニュースでの「意気消沈」の用例

昨今のニュースで「意気消沈」はどのように使われているか紹介します。

まず、スポーツニュースメディアの『THE ANSWER』は23年3月21日付けの記事に、「意気消沈」をタイトルに用いています。

「熱狂的メキシコファンが意気消沈 吉田正尚、芸術の3ラン 完全アウェーで光った強心臓(※)」

(※引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/fce34219decc667d4ac97d31a44cf4e924dc0731)

また、サッカーメディアの『超WORLDサッカー!』は23年3月24日付けの記事で、マンチェスターユナイテッドとレアル・ベティスとの一戦を報じています。

この記事の中で、ユナイテッドのゴールに対するベティスの反応について、以下のように表現しています。

「なかなかゴールが奪えないものの、試合を優位に進めると56分にマーカス・ラッシュフォードが圧巻ミドルを叩き込み先制。ベティスは意気消沈し、そのまま終了。(※)」

(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/9600355dad7db0678fc8162fea8b5eed5360fbf8)

このように意気消沈は、主にスポーツニュースで用いられることが多いです。

「意気消沈」の例文・用例

意気消沈を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●思ったより成績が芳しくなく意気消沈
●会社を立て直すために、いつまでも意気消沈してる暇はない。

SNSでの「意気消沈」の使われ方

「意気消沈」の類義語

意気消沈の類義語は、「失望落胆」「意気阻喪」です。

失望落胆(しつぼうらくたん)とは、物事が理想通りに運ばずにガッカリすることです。

意気阻喪(いきそそう)は、やる気がくじけてしまった様子のことです。

「意気消沈」の対義語・反意語

意気消沈の対義語は、「意気揚々」です。

意気揚々(いきようよう)とは、得意げで威勢の良いさまのことです。