「アクションRPG」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「アクションRPG」の意味とは

アクションRPGとは、RPGゲームにアクション性を追加したもので、アクティブロールプレイングゲームとも言われます。

なお「アクションRPG」は、現実の世界で行われている「ライブアクションロールプレイングゲーム」とは別のものです。

「アクションRPG」の概要

アクションRPGは、冒険してキャラクターを成長させるとロールプレイングゲームの要素に加え、選択してアクションする戦闘シーンを採用せずに、操作のタイミングなどで判定されるアクションゲーム風の処理、謎や隠された仕掛けを見つけるアドベンチャーゲームの要素が備得られていることが基本型となっています。
これらのシーンがシームレスにつながるゲームは、特に「アクションロールプレイングゲーム」と呼ばれることが一般的です。
謎解き要素が強いと「アクションアドベンチャー」と分類されるなど、明確な定義はありません、
また、「トルネコの大冒険 不思議のダンジョン」を筆頭とする「ローグライクゲーム」は、画面の構成や操作がアクションRPGに似ているものの、プレイヤーの一度の行動に対し相手側も一度行動するターン制のため、アクションゲーム的な要素を持たず、アクションRPGには分類されません。

「アクションRPG」の人気ゲーム

これまでに発売されたアクションRPGでは、「ゼルダの伝説」シリーズや「聖剣伝説」シリーズ、「DARK SOULS III」、「スーパーマリオRPG]、「キングダムハーツ」などがあります。

「アクションRPG」の例文・用例

アクションRPG

アクションRPGを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●今もアクションRPGって流行ってるの?
●ゼルダとかドルアーガも、今考えてみたらアクションRPGだよね。

SNSでの「アクションRPG」の使われ方

「アクションRPG」の類義語

アクションRPGの類義語はありませんでした。

「アクションRPG」の対義語・反意語

アクションRPGの対義語・反意語はありませんでした。