「部位破壊」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2021-01-02

「部位破壊」の意味とは

部位破壊とは、腕や脚などの身体の特定の部位にダメージを与え続けて、そこを破壊するという意味のゲーム用語です。

「部位破壊」の語源

部位破壊の語源は、「モンスターハンター」です。このシリーズでは、モンスターを倒してしまう前に、身体の一部を破壊することができます。
一部分を破壊することで、アイテムの獲得が可能になるため、ゲーム内で重要なテクニックの一つです。

「部位破壊」の特徴

そもそも「部位」とは「全体に対する部分の位置」をさす言葉で、「部位破壊」とは身体のある特定の場所を破壊する行為をさします。

敵の「部位破壊」が行なえるゲームでは、部位破壊によってアイテムが獲得できたり、敵そのものを弱体化できたりするなどします。「部位破壊」のテクニックが、ゲーム内で大切な要素の一つになっています。

相手の特定の部位を破壊する場合だけでなく、自分が破壊されてしまった時にも使います。

「部位破壊」の注意事項

あくまで部位を破壊することに意味があるため、敵そのものを倒してしまうと、アイテムの獲得などができなくなります。部位破壊には、テクニックが必要です。

「部位破壊」の英語表現

英語では「destroy parts」と表現します。
英語版のモンスターハンターでは、部位破壊が“destroy the parts”と表記されています。

「部位破壊」の表現の広がり

もともとはゲーム用語でしたが、日常生活の中でも、身体の一部分にダメージを受けた場合などに、「部位破壊された」と使われる場面があります。

「部位破壊」の例文・用例

部位破壊

部位破壊を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

部位破壊できるようになってゲームが攻略できた。
●久しぶりに走ったら、筋肉痛がひどすぎて部位破壊した。

SNSでの「部位破壊」の使われ方

「部位破壊」の類義語

部位破壊の類義語はありませんでした。

「部位破壊」の対義語・反意語

部位破壊の対義語・反意語はありませんでした。