「DOS」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-05-14

「DOS」の意味とは

DOSとは、昔のOSという意味です。

「DOS」はマイクロソフト社が、Windowsよりも前に作ったOSのことを指しています。

OSとはコンピュータにおける、基本となるソフトのことを指しているのです。

例としてパソコンではWindows・Mac・Linuxなど、スマホではiOS・Androidが有名どころでしょう。

OSはコンピュータにとって、人格とも言えるもので必ず必要な上に種類がいくつもあります。

中でも「DOS」とはOSの種類の1つであり、そのうちの「昔のOS」を指している単語なのです。

「DOS」の語源

DOSの語源は、Disk Operating Systemです。

上記の語源を略して「DOS」となっており、より正確には「MicroSoft Disk Operating System(マイクロソフトディスクオペレーティングシステム)」が語源となります。

そのため略称も正しくは「MS-DOS」となるのですが、さらに略した通称の表現として「DOS」が存在しています。

Windows95の発売をキッカケに、WindowsというOSが世界的に広まりました。

それ以前に中心となっていたOSが、この「DOS(MS-DOS)」なのです。

厳密にはDOSは昔のOSを指す単語で、その中にMS-DOSが含まれています。

しかし現在では「DOS=MS-DOS」という解釈で、ほとんどが広まっているのです。

DOSについて語る機会もほとんど無くなっているため、こちらの解釈で問題無いと言えるでしょう。

「DOS」のその他の意味

DOSは、他にも意味を持った単語です。

DOSは元の英語を略して、頭文字を抽出した単語でした。

そのため略称が「DOS」となる、その他の単語がいくつも存在しています。

どの「DOS」を指しているのかは、前後の文脈から判断することになるのです。

つまり上記の「DOS」以外の単語に関しても、ある程度知っておく必要があると言えるでしょう。
それらの代表例は以下となっています。

  • 「Density of statesの略」
    意味は状態密度。
  • 「Denial of Service attackの略」
    意味はDOS攻撃。
  • 小室哲哉プロデュースの音楽ユニット
    (正しくは小文字でdos)。
  • オランダのサッカークラブ
  • 北米版ファイナルファンタジーアドバンスの名称
    (Dawn of Souls from Final Fantasyの略称)。

などとなっています。
このように「DOS」が指す単語は複数あるため、併せて覚えておく必要があります。

「DOS」の例文・用例

DOS

DOSを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●技術や時代の発展が早く、もうDOS という単語を聞くことは無くなったな。
●どれだけの人がDOSを現役で使っていたことやら?

SNSでの「DOS」の使われ方

「DOS」の類義語

DOSの類義語は、「MS-DOS」です。
意味は、Windowsの前のOSです。

こちらは上記で説明の通り、マイクロソフト社のWindowsよりも前のOSを指しています。

本来であればDOSの中の1つがMS-DOSでしたが、現在では「DOS=MS-DOS」となっているため類義語として挙げられるでしょう。

「DOS」の対義語・反意語

DOSの対義語はありません。