「格闘ゲーム」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「格闘ゲーム」の意味とは

格闘ゲームとは、格闘の技術を持ったキャラクターを操作し、相手を倒すゲームという意味です。
略して「格ゲー」と呼ばれることもあります。

「格闘ゲーム」の歴史

格闘ゲームの初期は、ベルトスクロールアクションの一環やそのおまけの扱いで、「対戦」自体に比重は重く置かれていませんでした。
比重が重くなったのは1984年発売の「対戦空手道 美少女青春編」、「イーアルカンフー」の頃ですが、まだCPU戦にとどまっており、対人対戦可能なゲームは「アーバンチャンピオン」(任天堂)発売の頃です。
その後1992年に、対人対戦要素を基軸とした格闘ゲームとして売り出した「ストリートファイターⅡ」がヒットし、第一次格闘ゲームブームが到来します。
その後、SEGAによる「バーチャファイター」の登場から、3DCGに格ゲーが流行、立体式の格闘ゲームの基盤となりました。
1990年代から2000年代初期はRPGの流行により格闘ゲームは一時下火になりましたが、「ギルティギア」シリーズの登場でハイスピードコンボアクション形式が確立、第二次ブームが到来します。
2010年中盤っからは、「e-sports」の発展で格闘ゲームの重要性が増しつつあるようです。

「格闘ゲーム」の基本ルール

格闘ゲームは、対戦形式では1Pと2Pにわかれ、好きなキャラクターを選び、それぞれがキャラクターを操作して相手を倒します。
大抵の場合「体力ゲージ」のようなものがあり、これが空になったプレイヤーが負けです。
時間制限がある場合は、体力ゲージが多く残っている方が判定勝ちになります。
攻撃方法はゲームにより異なりますが、コントローラーにパンチやキックなどの技が割り振られています。

「格闘ゲーム」の例文・用例

格闘ゲーム

格闘ゲームを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●あそこのゲーセンで昔はよく格闘ゲームをやってたんだ。
格闘ゲームだったら、彼が一番強いんじゃない?

SNSでの「格闘ゲーム」の使われ方

「格闘ゲーム」の類義語

格闘ゲームの類義語はありませんでした。

「格闘ゲーム」の対義語・反意語

格闘ゲームの対義語・反意語はありませんでした。