「スタミナ制」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「スタミナ制」の意味とは

スタミナ制とは、ゲームで遊ぶために必要とされる「スタミナ」と採用したゲームという意味です。

 

スタミナはゲームを遊ぶことで減少し、時間の経過とともに復活します。
スマートフォンのゲームに多いシステムで、ゲームによってはスタミナの上限を上げることも可能です。
時間経過によるスタミナ回復を待てない場合は、ゲーム内のアイテムを使用して回復させることもできます。

「スタミナ制」の意図

スタミナ制が採用されている理由には、以下のような運営側の考えが下地になっていると言われています。

プレイヤーの課金を誘う

スマートフォンのゲームアプリは無料であることが多いですが、プレイヤーの全てが本当に無料で遊んでしまっては、運営は利益を得られなくなります。
ガチャのシステムがあったとしても、特段興味のないプレイヤーは課金せず、無料でのプレイを継続するでしょう。
そこでスタミナ制を採用し、プレイヤーに強制的に課金させるのです。
ゲームのスタミナを回復させるアイテムは有料であることが多く、そこには運営の意図が反映されているとも言えます。

ゲーム時間を制限する

スマートフォンでのゲーム依存がささやかれる昨今、スタミナ制を用いることで、プレイ回数に制限を設けることができます。
一日中同じゲームをすることができない状況を作り出すことで、スマホ依存を抑制する効果があると考えられているのです。
ただし、複数のゲームを同時にプレイしているプレイヤーにはあまり意味のない制限と言えるでしょう。

「スタミナ制」の例文・用例

スタミナ制

スタミナ制を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●スマホのゲームはスタミナ制が多いよね。
スタミナ制だと、ゲームが全然先に進められない。

SNSでの「スタミナ制」の使われ方

「スタミナ制」の類義語

スタミナ制の類義語はありませんでした。

「スタミナ制」の対義語・反意語

スタミナ制の対義語・反意語はありませんでした。