「撃ち込み」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「撃ち込み」の意味とは

撃ち込みとは、シューティングゲームで、弾丸や砲弾を敵に当てるという意味です。

「撃ち込み」の概要

「撃ち込み、撃ち込む」の元々の意味は、「強く叩いて中に入れる」「弾丸や矢を発射して敵に当てる」「(剣道などで)相手の隙をついて打ってかかる」などが挙げられます。

シューティングゲームにおける「撃ち込み」は、プレイヤーが発射する弾丸や砲弾、レーザービームといったものを、敵キャラに当てることを指します。
特に、連続して射撃し、ダメージを与え続けるような撃ち方を指すことが多いです。
あくまできちんと「敵に当てる」ことが重要となっています。

「撃ち込み」をするゲーム

シューティングゲームには様々な種類が存在します。
操作するのは宇宙戦や戦闘機、人物といったものが挙げられ、銃やミサイル、レーザービームなどの飛び道具を用いて敵キャラにダメージを与え、撃破しながら進んでいくという特徴があります。

中でも「FPS(ファーストパーソンシューティングゲーム)や「TPS(サードパーソンシューティングゲーム)」と呼ばれるガンシューティングゲーム(人物が銃を武器に敵を倒しながら進んでいくゲーム)において「撃ち込み」という言葉がよく用いられています。

ただやみくもに銃を撃つのではなく、きちんと敵に照準を合わせて(エイミング)ダメージを与えられるように撃つこと、撃ち続けることが「撃ち込み」にとって重要となっています。

また、横スクロールや縦スクロールで戦闘機などを操作するタイプのシューティングゲームでも「撃ち込み」は使われています。敵からの攻撃を避けつつ、敵にダメージを与えられるよう短時間でひたすらに撃ち続け、当て続ける様子を表します。

「撃ち込み」の例文・用例

撃ち込み

撃ち込みを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●シューティングゲームには撃ち込みのテクニックは欠かせないね。
撃ち込みの練習をしておこう。

SNSでの「撃ち込み」の使われ方

「撃ち込み」の類義語

撃ち込みの類義語はありませんでした。

「撃ち込み」の対義語・反意語

撃ち込みの対義語・反意語はありませんでした。