「ロティ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ロティ」の意味とは

ロティとは、フランス料理の一種で、「焼いたもの」「焼くこと」を指す言葉で、主に牛肉、豚肉、羊、鴨などの肉を調理することを表現します。
身近なものではローストビーフもロティ料理の一つです。

「ロティ」と似ている調理

「ロティ」と似た調理法に「ポワレ」や「ソテー」がありますが、以下のような違いがあります。

ロティとは

ロティはオーブンを使って高温で焼き上げる料理です。
暖炉の火を使うこともあります。

ポワレとは

ポワレはフライパンを使って、じっくりと焼き上げた料理です。

ソテーとは

ソテーはフライパンを使い、短時間でさっと焼き上げる料理です。

「ロティ」の別の意味や使われ方

ロティにはフランス料理の調理法以外で、全紛粒を使った無発酵のパンの一種を指すこともあり、ローティとも呼ばれます。
インドやパキスタン、アフリカ諸国で一般的に食べられており、インド亜大陸周辺諸国では、クレープのように薄く焼き、バナナや練乳と一緒に菓子として親しまれています。
また、「ロティ」という言葉でパン全体を表現している場合もあります。

「ロティ」の例文・用例

ロティを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●今度買ったのは大きなオーブンだから、家族全員分のロティが一度に作れそう。
●タイに行ったらロティを売ってる屋台があった。

SNSでの「ロティ」の使われ方

「ロティ」の類義語

ロティの類義語はありませんでした。

「ロティ」の対義語・反意語

ロティの対義語・反意語はありませんでした。