「飲食店営業許可申請」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「飲食店営業許可申請」の意味とは

飲食店営業許可申請とは、飲食店を開業する際、管轄の保健所に営業許可証を申請することです。飲食店が営業許可を受けるには、管轄の保健所に申請して検査に合格する必要があります。検査に合格するための条件として、食品衛生責任者の設置と共に、営業許可証を申請することが挙げられます。

営業許可証の交付がない状態で営業すると、食品衛生法や風営法違反となり、2年以下の懲役または200万円以下の罰金が課せられるので注意しましょう。

「飲食店営業許可申請」から交付までの流れ

営業許可申請の手順は次の通りです。
工事前には、管轄の保健所に工事の設計図を持参して相談をしておくのがおすすめです。事前相談で図面に問題がないことが確認できたら工事を開始し、必要書類を準備後、保健所に営業許可申請を提出します。必要書類は保健所の窓口や自治体のホームページなどから入手できます。工事終了後に施設検査を受け、問題がなければ営業許可証を交付してもらうことができます。

「飲食店営業許可申請」に必要な書類

営業許可申請を行う際には以下の書類を管轄の保健所に提出する必要があります。
なお、申請してから開業までは2~3週間、申請料は16,000~19,000円が相場です。
・食品衛生責任者の資格を証明する書類
・飲食店営業許可申請書
・場所の見取り図
・営業設備の大要・配置図
・内装の配置の平面図
・水質検査成績書(貯水槽や井戸水を利用する場合)
・登記事項証明書(法人が申請する場合)

「飲食店営業許可申請」の例文・用例

飲食店

飲食店営業許可申請を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

飲食店営業許可申請書はどこで交付されるのかな。
飲食店営業許可申請が初めてならきちんと相談してからにした方が良いよ。

SNSでの「飲食店営業許可申請」の使われ方

「飲食店営業許可申請」の類義語

飲食店営業許可申請の類義語はありませんでした。

「飲食店営業許可申請」の対義語・反意語

飲食店営業許可申請の対義語・反意語はありませんでした。