「ピータン」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ピータン」の意味とは

ピータンとは、中国の卵料理の一つで、アヒルの卵を塩・草木灰・石灰・泥に漬けて発酵させたものです。

「ピータン」の起源

ピータンの起源は、明代初期にアヒルの卵を灰の中に埋めて忘れ、2ヵ月後に発見された卵が熟成していたことから、偶然に製法が発見されたとされています。

「ピータン」の特徴

ピータンとは中国の卵料理で、アヒルの卵を、食塩を含む強いアルカリ性の溶液あるいはこれらを含むペースト状の混合物(草木灰・石灰・泥などを茶の汁でこねたもの)に漬けて、密封し、冷所に数カ月貯蔵し、発酵させたものです。
この間に、食塩とアルカリが卵の中に浸透し、卵白が赤褐色のゼラチン状に凝固し、卵黄は周辺が緑黒色に硬化し、中央部は黄褐色に変化して独特の風味をもちます。

薄切りにして、中国料理の前菜に出される他、食材として、ピータン豆腐やピータン粥といった中華料理に使われることも多いです。

「ピータン」の注意事項

アヒルの卵の代わりに、鶏の卵やウズラの卵が用いられることもあります。

「ピータン」の英語表現

英語では、中国語の音をあてて「pi dan」、または意味をあてて「preserved duck egg」(塩漬けされたアヒルの卵)と表現します。
「century egg」(100年経った卵)と表現する場合もあります。

「ピータン」の食べ方

ピータンは、アンモニアや硫化水素を含む独特の匂いと刺激的な味が特徴的です。
食べるときは、殻についた粘土や籾殻などを洗い落とし、殻をむいて食べます。
匂いをやわらげるために、薄切りにした後、しばらく空気にさらすとよいです。

「ピータン」の魅力

ピータンは、その独特の見た目と匂いが特徴的で、それを魅力ととらえる人もいます。
また、鶏卵よりも、脂質、鉄、カルシウム、レチノールを豊富に含んでおり、栄養価が高いとされています。

「ピータン」の例文・用例

ピータン

ピータンを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

ピータンは一度食べたらやみつきになる。
●中華料理でピータンが出た。

SNSでの「ピータン」の使われ方

「ピータン」の類義語

ピータンの類義語はありませんでした。

「ピータン」の対義語・反意語

ピータンの対義語・反意語はありませんでした。