「湯取り法」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「湯取り法」の意味とは

湯取り法とは、ご飯の炊き方の一つで、水を多く張った鍋に米を入れ、沸騰させてから余分な水分を捨てる方法です。
ご飯を「炊く」と言うよりは「煮る」「ゆでる」に近い調理法と言えるでしょう。

かつての「湯取り法」から現代の「炊き干し法」への変化

炊飯器を使う炊飯は、米の量に併せて水を入れ、米が全ての水分を吸って炊き上がります。
これを「炊き干し法」と言います。
これに対し、「湯取り法」では使う水の量が決まっておらず、大量の水を鍋に入れて沸騰させ、その中に米を投入した後、柔らかくなるまで煮込みます。
そして余った水分は捨て、水気を飛ばすと出来上がりとなります。

ふたつの調理法の一番異なる点は、水と米を一緒に加熱した時に出る「おねば」があるかどうかです。
おねばは米に含まれるでんぷん質のことで、炊き干し法では一度出たおねばはまた米に吸収されてしまいます。
これにより、もっちりした炊き上がりになるのです。
しかし湯取り法の場合、ゆで汁の中に出たおねばは捨てられることになるため、出来上がりのご飯はさらっとした食感になります。

「湯取り法」で炊いたご飯は糖質オフ!

湯取り法ではでんぷんが解けた水を捨てるため、炊いたご飯は糖質がカットされ、低カロリーな出来上がりです。
また、江戸時代の儒学者であった貝原益軒によれば、「炊き干しは壮健な人よく、湯取り飯は胃腸の弱い人に良い」とされています。
お鍋があれば手軽にできる炊き方ですので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

「湯取り法」の例文・用例

湯取り法

湯取り法を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●カレーに合うのは湯取り法で炊いたさらっとしたご飯だと思う。
湯取り法で炊いたご飯は低糖質でダイエットにいいんです。

SNSでの「湯取り法」の使われ方

「湯取り法」の類義語

湯取り法の類義語はありませんでした。

「湯取り法」の対義語・反意語

湯取り法の対義語・反意語はありませんでした。