「声オタ(声ヲタ)」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「声オタ(声ヲタ)」の意味とは

声オタ(声ヲタ)とは、声優オタクという意味です。
男女や、アイドル的声優、歌手として活躍している声優など、活動ジャンルを区別せず声オタ(声ヲタ)と言い表します。
また、自分がファンである声優のことを「推し」とも呼んでいます。
声オタ(声ヲタ)は、特定の声優が好きという以外にも、声優全般が好きという場合もあります。

「声オタ(声ヲタ)」のメリット

アイドルと異なり、声優は活動できる期間が長いので、長い間声オタでいられます。

「声オタ(声ヲタ)」の活動シーン

声オタ(声ヲタ)の活動シーンは、テレビやラジオの視聴、ライブの観覧、CDや写真集などグッズ購入、ファンクラブ入会など多岐に渡ります。

「声オタ(声ヲタ)」の特徴

声オタ(声ヲタ)は、聞こえてくる声を聞いただけで、声優の名前をフルネームで当てることができます。
また、アニメは推しの声優が出ているかどうかで視聴を決定し、例えほんのわずかなシーンでも、推しが出ている場合は見るのが基本です。
アニメを見ているというよりも、声優の声を聞いているという方が近いでしょう。
アニメのエンディングでは、どんな声優が出演していたのか、キャストを真剣に見ています。
テレビやラジオだけではなく、カーナビやコンビニエンスストアの店内放送、家庭用ゲームやスマホゲーム、パチスロなどでも、有名声優が起用されている場合があるので注意が必要です。

「声オタ(声ヲタ)」の例文・用例

声オタ

声オタ(声ヲタ)を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●あまりに声オタ(声ヲタ)すぎて、今期は見なきゃいけないアニメが多すぎる。
声オタ(声ヲタ)だから、洋画の吹き替えで推しが活躍してればすぐわかる。

SNSでの「声オタ(声ヲタ)」の使われ方

「声オタ(声ヲタ)」の類義語

声オタ(声ヲタ)の類義語は、「声優ファン」「声優オタク」です。

「声オタ(声ヲタ)」の対義語・反意語

声オタ(声ヲタ)の対義語・反意語はありませんでした。