「ディスる」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-07-10

「ディスる」の意味とは

ディスるとは、否定する、軽蔑する、侮辱といった意味の言葉です。「DISる」とも表記します。

「ディスる」の語源

ディスるは、英語の「disrespect」を省略してできた言葉です。

disrespect とは、「〜尊敬しない、軽視する、見下す、軽蔑する」といった意味の言葉です。

接頭語の「dis-」は、「離れて」という意味を表します。

例えば、

  • 「disclose」とは、閉じる( close )ところから離す( dis ) 、つまり「公開する」という意味です。
  • 「disease」とは、 安心(ease)から離れる(dis)、 つまり「病気」という意味です。

同様に、「disrespect」は、尊敬(respect)から離れる(dis)、つまり「軽視する」という成り立ちです。

「ディスる」の普及の背景

dis は元々、アメリカの工業技術系や音楽産業の人達が、他人や他人の作品などを批判する時に使われていた言葉です。

特にHip-Hop系のアーティストやリスナーが好んで使用します。

その影響を受け、日本でもHip-Hopリスナーの間で90年代年半ばから後半頃に、その表現が流入しました。

次第に「ディスる」「ディスられた」などと、日本のHip-Hop系の人やラッパーが真似する形で盛んに使うようになり、テレビ番組や音楽雑誌やインタビュー、それらを扱ったマンガなどで触れられて普及しました。

なかでも、2007年、バラエティ番組「リンカーン」のHip-Hopに焦点を当てた番組企画「練マザファッカー」内で、「あ?お前ディスってんの?」という言葉が多用されたことが、流行のきっかけになりました。

現在では、Hip-Hopとは無関係なジャンルや、ネット掲示板、日常的な会話でも使用されています。

ちなみに、「マザファッカー」とは、母親との近親相姦、転じて愚か者、クソッタレといった意味のアメリカのスラングになります。

「ディスる」の例文・用例

ディスる

「ディスる」を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●ラップバトルはディスり合いだろ。
●小学3年生にディスられたんだけど。

SNSでの「ディスる」の使われ方

「ディスる」の類義語

ディスるの類義語は、「ヘイト」、「キャラヘイト」、「アンチ」などです。

「ヘイト」とは、憎むこと、反感を抱くこと、憎悪のことです。英語「hate」が語源になります。

「キャラヘイト」とは、自分の嫌いなキャラクターを、二次創作内で殺害したり、暴力をふるったり、徹底的に悲惨な目にあわせることです。
「アンチ」とは、反論者、何かを攻撃したい人、必要以上に叩く人のことです。ネットスラングになります。

「ディスる」の対義語・反対語

ディスるの対義語は、「リスペクト」です。

「リスペクト」とは、敬意を払う、尊重するという意味です。語源は英語の「respect」です。

ディスると同様、ラッパーがよくこの言葉を使用します。