「ガキ夫」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ガキ夫」の意味とは

ガキ夫とは、家の中で子どものように何もしない夫という意味です。

「ガキ夫」の意味は、「家の中で子どものように何もしない夫」を意味しており、つまりは「ガキのような夫」を指しています。

基本的には家の中でなにもしないまたは手伝わない夫を指しており、さらには言動が子供っぽい夫を指す単語です。

しかしもう少し具体的に特徴が区分されており、その特徴とは以下となっています。

  • 子どもができても家事などを全く分担しない
  • 仕事が忙しいといつも言っている
  • 家事や家族の用事はやらず、仮にやっても後回しにする
  • いつもスマホをいじっているか、ゲームなどをしている

このように家に居ても、家事や家族の用事をそっちのけで自分の時間ばかり確保しているような夫を指しているのです。

特に子どもが居る家庭で、奥さんの不満となるようなことをしてしまう男性に向けて使われることが多くなっています。

そのためガキ夫という単語はネガティブなニュアンスとなっており、何もしない夫を揶揄するための単語なのです。

ガキ夫は家に居るだけで何もせず、挙句には手間のかかる夫のことを指していると考えて良いでしょう。

子どものほかにもう1人手間のかかる夫がいるのかと思うと、揶揄される単語であることにも納得です。

「ガキ夫」の語源

ガキ夫の語源は、ガキのような夫です。

ガキ夫の意味である「何もしない子どものような夫」を、よりネガティブに揶揄した表現にすると「ガキのような夫」となります。

そしてこのよりネガティブなニュアンスとなる、「ガキのような夫」がガキ夫の語源です。

ガキ夫という単語は、NHKの情報番組である「あさイチ」で出た(使われた)ことで知名度が上がった単語となっています。

あさイチの中のアンケートで、「夫の言動がガキっぽいと思ったことがあり、それに困っている」という回答が8割の女性から出ていました。

こうした結果が大きな反響や共感を呼び、ガキ夫という単語を一気に広めるキッカケとなったのです。

このようにネガティブなニュアンスの単語であるガキ夫が広まった背景には、昔と現代での生活が変化していることが理由に挙げられます。

一昔前であれば夫が外に働きに出て、奥さんは家での家事を中心にした生活でした。

そのためガキ夫という概念は多く持たれず、そうした言葉が広がることもなかったのです。

しかし近年では夫婦共働きと家庭が増え、家事を分担しないと生活が成り立たない状況のパターンが多くなっています。

そのため家事分担のできない、あるいはしようとしない夫に対して不満がつのり、ガキ夫のようなネガティブなニュアンスの単語が単純したのです。

またこうした単語が広まっているということは、それだけ共感する人も多いということになります。

特に子どものいる大方の家庭で、同じようにガキ夫に悩んでいる女性が多いとも言えるでしょう。

時代背景の中で生活環境が変わってきたからこそ、誕生し広まっていった単語と言えます。

「ガキ夫」の夫側の意識は?

ガキ夫は、夫に使う単語ですが言われる夫側はどう思っているのでしょうか?

この答えは同じくあさイチの番組内で、アンケート結果という形で集計がされています。

その結果によると、「ガキ」と呼ばれることを嫌だと思わない男性は63%にのぼるそうです。

さらに「ガキ夫」と呼ばれないための努力をしていない男性は、なんと90%となっています。

このようにガキ夫と女性が揶揄して呼称しているにも関わらず、それに対して何も感じない男性が非常に多くなっているのです。

こうした女性と男性の感性のズレが、より家庭問題の溝を深くしているのかもしれません。

さらにこうしたアンケート結果は日本だけに限らず、英国でも同じような結果が出ているのです。
英国のアンケートは、「自分が子どもだと思うかどうか?」というものとなっています。

そしてその回答に「イエス」と答えた男性は、同じように答えた女性の数の倍以上という結果でした。

日本に限らず他国でも男性自身が「自分を子ども」だと思っており、女性との意見に食い違いが生じているようです。

「ガキ夫」の例文・用例

ダメオット

ガキ夫を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●へぇ。あなたみたいな男のことを世間ではガキ夫 って呼ぶのね。
●奥さんはガキ夫 と蔑むけど、奥さんの方こそ感情をコントロールして欲しいものだよ。

SNSでの「ガキ夫」の使われ方

「ガキ夫」の類義語

ガキ夫の類義語は、「甲斐性無しの夫」です。

ガキ夫とは、何もしない夫を意味しており特に共働きの家庭で多く見受けられる単語でした。

「甲斐性無し」とは、経済力がないことや言い訳が多いこと、さらには自己中心的なことを表した言葉です。

家庭事情は一概には言い切れませんが、基本的には夫の経済力だけでは足りないために共働きとなっている家庭が多いでしょう。

またやらないことの言い訳をする点や、自己中心的だからこそ自分の時間ばかり作っているのがガキ夫です。

こうした意味を甲斐性無しは含んでいることから、ガキ夫の類義語として挙げることができます。

「ガキ夫」の対義語・反意語

ガキ夫の対義語は、「家事メン、育メン」です。

意味は、家事をするメンズと育児をするメンズです。

家事メンとは家事をする男性全体に対する呼称で、育メンは育児をする男性全体への呼称となっています。

ガキ夫は何もしない夫(男性)のことでしたので、家事や育児を率先してやる男性を表したこれらの単語が対義語として挙げられるでしょう。