「イラレ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「イラレ」の意味とは

イラレとは、Adobeシステム販売のグラフィックデザインツール「Illustrator(イラストレーター)」のことです。

イラレを販売する社Adobe

Adobe社では「Photoshop」「XD」など、多くのアプリケーションを提供しています。
また、20種を超えるそれらをサブスクリプション形式で利用できる「Adobe Creative Cloud」というクラウドサービスを提供していることでも知られています。

「イラレ」でできること

イラレを使用すると、様々な図形やロゴ、絵の作成ができます。
イラレとは別に、Adobe社では「Photoshop」というアプリケーションを提供していますが、「Photoshop」は画像の補修や修正に適しており、微妙な色合いや質感の調整に向いていると言えるでしょう。
イラレは、印刷物のデザイン制作に用いられ、主にポスターやロゴを作るのに適しているアプリケーションです。
画像加工には「Photoshop」、紙媒体での制作は「Illustrator」と、目的でアプリケーションを使い分けましょう。

「イラレ」を使った副業

近年では副業をする人が増加しています。
副業と言ってもテープ起こしやライティング、ハンドメイドなど、様々ジャンルがありますが、イラレを使った副業は初心者でも比較的始めやすいようです。
イラレを使ってイラストやロゴ、バナー作成、LINEスタンプも作れます。

「イラレ」の例文・用例

イラレ

イラレを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●うちの大学はわりとイラレ使う課題が出るよ。
イラレって、普通に買うとものすごい高いよね。

SNSでの「イラレ」の使われ方

「イラレ」の類義語

イラレの類義語はありませんでした。

「イラレ」の対義語・反意語

イラレの対義語・反意語はありませんでした。