「猫リセット」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「猫リセット」の意味とは

猫リセットとは、飼い猫がゲーム機のリセットボタンを押してしまうという意味です。
「ねこリセット」「ネコリセット」とも表記されます。

「猫リセット」の特徴

ゲームのリセットボタンを押してしまうと、多くのゲームは最後にセーブしたところまで戻されてしまったり、対戦などがなかったことになってしまいます。
そのため、リセットボタンを押すのはプレイヤーの意思で一旦ここまでのことをなかったことにしたい、もう一度やりなおしたいといった時に使用されるものですが、猫はその意思とは関係なくそこにあるリセットボタンを押してしまいます。

特に昔の家庭用ゲーム機である「ファミコン」「スーパーファミコン」「プレイステーション1」などは、機器の上部に簡単に押せるリセットボタンが付いているため、猫によって容赦なく押されてしまうケースが多発していました。
また、室内飼いの犬に押される場合もあります。

「猫リセット」される理由

猫は非常に寒がりなため、ゲーム機の持つ熱を求めて上に乗ったり、飼い主にかまってほしくて邪魔をする際に押してしまうことが多いです。
また、気にせずゲーム機の上を歩いていく場合に猫リセットされることもあります。

「猫リセット」の表現の広がり

「リセットボタン」に限らず、例えばプレイステーション1の機器上部にある「オープンボタン」を押されてしまうと、ディスクホルダーというソフトが入っている場所の蓋が開いてしまい強制終了となるため、これも「猫リセット」に分類されます。

また据え置き型のゲーム機だけでなく、PCのキーボードに乗ってシャットダウンさせる、スマートフォンをタップしてアプリを強制終了させる、ボードゲームが行われている卓上に乗ってシャッフルさせてしまうといったことも「猫リセット」と呼ばれることがあります。

いずれも、自分以外のことに熱中している飼い主の気を惹きたい気持ちからくる猫の行動といえます。

「猫リセット」の例文・用例

猫リセット

猫リセットを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●勧めてたRPG、ラスボス目前で猫リセットされちゃった・・・。
猫リセットされても怒れないよな~こんなに可愛いし。

SNSでの「猫リセット」の使われ方

「猫リセット」の類義語

猫リセットの類義語は、「母リセット」です。
いつまでもゲームをしている子供に対し、強制的にリセットボタンを押されたりコンセントを抜かれたりすることを指します。

さらに派生した「掃除機リセット」は、ゲームをしているすぐ近くで親が掃除機をかけている際、機器にぶつかってしまい衝撃でリセットしたり電源が落ちてしまうことを言います。

「猫リセット」の対義語・反意語

猫リセットの対義語・反意語はありませんでした。