「ワイ氏」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-07-04

「ワイ氏」の意味とは

ワイ氏とは、私・俺など一人称を指す意味です。

一般的な一人称は「私」であったり、「俺」や「僕」であったりすることがほとんどです。

しかし、ネット上のみでワイ氏を活用し、リアルの世界とインターネットの世界で相異なる一人称を定めることで、異なる自分というものをネット上で表現できます。

ですので、「ワイ氏」という一人称は日常生活の会話内で活用するというよりも、ネット上でインターネット用語の一人称として使います。

男性女性問わず、老若男女が活用しています。

「ワイ氏」の語源

ワイ氏の語源は、「わたし」です。

一人称のわたしという言葉が簡略化されて「わし」と呼ばれるようになり、それがさらにネット内の一人称として普及した言い方です。

私は、と切り出されるよりは「ワイ氏は~」と話し出された方が砕けた感じで話を聞くことができます

近畿地方や九州地方にて一人称を「わい」と表現しますが、今回紹介しているものはネット上での用語としての一人称ですので語源としては方言とは別物になります。

「ワイ氏」の例文・用例

waishi

ワイ氏を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

ワイ氏 もその番組にハマってるから感想を教えて欲しい。

ワイ氏 はまだその映画を観てないのでネタバレはやめてくれ。

SNSでの「ワイ氏」の使われ方

「ワイ氏」の類義語

ワイ氏の類義語は、「俺氏」「私氏」「ワイ将」などです。
意味は、すべてワイ氏と同様に一人称を指す言葉です。

「ワイ氏」とおなじように、おもにインターネット上で使われる機会が多くある言葉であり、Twitterや掲示板などといったツールで一人称として使う言葉です。

俺氏や私氏は「俺」「私」をすこし砕いて話している時のイメージです。

特に「ワイ将」は「ワイ氏」と酷似していますが、野球実況サイト「なんJ」にてそれぞれの球団の監督のことを意味する「〇〇将(○○には球団名)」から、自分のことを指す一人称が生まれたとされています。

また、「私」「ぼく」「俺」に関しても一人称であるため類義語と分類できます。

日本語には、類義語となる一人称が多くありますが、一人称が変わるだけで会話のテンションや相手との関係性が見えてくるため、「ワイ氏」が使われています。

「ワイ氏」の対義語・反意語

ワイ氏の対義語は、「お前氏」です。
意味は、あなたです。

私の対義語にあたる「あなた」を敬意を込めて「お前」と呼び、それをさらにネット用語「氏」と関連付けたものが「お前氏」です。

私とあなたの位置づけから、私自身のことを指す意味で「ワイ氏」を使う事を考えると、ワイ氏の対義語は「お前氏」であると考えられます。