「高圧酸素療法」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「高圧酸素療法」の意味とは

高圧酸素療法とは、通常よりも高い、水深10~20mに相当する気圧環境の中で、高濃度の酸素を吸入することで体内の酸素量を増やし、病態の改善を図る治療法です。

呼吸によって体内に取り入れられた酸素は、血液に乗って全身に運ばれますが、無意識の呼吸によって得られる酸素の量は一定です。
もしも病気やけがなどで血管が狭い、あるいは詰まっている状態になってしまうと、血液の流れが妨げられて酸素が行きわたらなくなり、その状態が続くと組織障害による機能の低下も懸念されます。
しかし高い気圧の中で酸素を吸入することで、通常の地気圧下で得る酸素量の約10倍の酸素を体内に取り入れることが可能です。
大量の酸素を取り入れることにより、酸素は体の隅々まで行き渡り、低酸素状態の改善ができます。
また、血管の新生や組織の修復に働きかけるため、傷の治療の促進を図ります。

「高圧酸素療法」が有効な疾病

高圧酸素療法は、一酸化炭素中毒や空気塞栓症、ガス壊疽、空気塞栓、壊死性菌膜炎、突発性難聴、脳梗塞、腸閉塞などに効果があります。

「高圧酸素療法」の注意事項

高圧酸素療法を開始すると、耳やのどの痛みを感じることがありますが、その場合はつばを飲み込むなどして、耳抜きを行うと痛みが取れます。
また、高圧酸素療法では100%の酸素を用いて気圧を上げるため、発火源になるものや引火の危険のあるものの持ち込みはできません。
圧力によって故障する恐れのある、携帯電話や時計などの持ち込みも禁止とされています。
服装は、静電気を起こしにくい綿100%のものに着替えるのが一般的です。

「高圧酸素療法」の例文・用例

高圧酸素療法

高圧酸素療法を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●実際に高圧酸素療法を行うことで、症状が回復した人は多いそうです。
高圧酸素療法の機械って結構仰々しい。

SNSでの「高圧酸素療法」の使われ方

「高圧酸素療法」の類義語

高圧酸素療法の類義語はありませんでした。

「高圧酸素療法」の対義語・反意語

高圧酸素療法の対義語・反意語はありませんでした。