「ベルガモット」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ベルガモット」の意味とは

ベルガモットとは、主にイタリアで生産される柑橘類のことです。

「ベルガモット」の特徴

ベルガモットはミカン科ミカン属に属する柑橘類で、イタリア南西部のカラブリア州で栽培されたものが有名です。
果実となるのは11~3月頃で、球形もしくは洋ナシのような形で、果皮は緑色から熟すにつれてレモン色になっていきます。

「ベルガモット」の香り

ベルガモットの果肉は食べることができますが、非常に苦みが強く美味しいと評されるものではなく、生食には向いていません。
ベルガモットの最大の特徴は「香り」で、果皮から得られる精油は香料に使用されています。ベルガモットの需要は9割が香りによるものです。

代表的なものは紅茶の「アールグレイ」で、ベルガモットで香りづけがされています。この他にもお菓子の香りづけ、香水やオーデコロンの材料や、アロマオイルとしても人気を集めています。

多くの柑橘系がもつ爽やかな香りに華やかさがプラスされた、万人に愛されやすい香りを持っています。
アロマの効能としては、リラックス効果や安眠効果の他に、気分を明るくしてくれる効果も期待できます。そのため朝にも夜にも適した香りといえます。

「ベルガモット」の例文・用例

ベルガモット

ベルガモットを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●このケーキ、ほんのりベルガモットの香りがして美味しいな。
●今日は疲れたから寝る前にベルガモットのアロマを炊こう。

SNSでの「ベルガモット」の使われ方

「ベルガモット」の類義語

ベルガモットの類義語はありませんでした。

「ベルガモット」の対義語・反意語

ベルガモットの対義語・反意語はありませんでした。