「ゲート」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ゲート」の意味とは

ゲートとは、競馬レースで、全ての馬が一斉にスタートできるように設置された設備のことです。「スターティングゲート」や「発馬機」とも呼ばれます。

「ゲート」の役割と概要

ゲートの一番の役割は、すべての競走馬が同じ条件で一斉にスタートできるようにすることです。またその際、事故やトラブルがなく安全に走り出せることも重要です。

ゲートはその名の通り門の形をしていて、馬が個々に入れるように中が仕切られています。
後方と前方に扉があり、馬は後方の扉からゲートに入って(ゲートイン)スタートまで待機しますが、馬には狭いところを怖がる性質があるため、ゲートインの調教も必要になります。
前方の扉は発走の準備が整った際にスターターがボタンを押すことで電動で開くようになっているため「電動式発馬機」と分類されます。

「ゲート」の歴史

現在のゲートが主流になるまでに、発馬機は様々に形を変えてきました。
当初はスターターが旗を振ることで合図を出していましたが、公正なスタートにはほど遠かったため「バリヤー式」という方法に変わりました。これは馬の胸の高さの所に、スタートラインと平行してロープを渡し、発走の瞬間に上方にロープを撥ね上げるというものでした。

しかしロープを馬が切断してしまったり、馬が静止せずに他の馬とトラブルになってしまうケースが見られたため、その後「ウッド式発馬機」という設備が導入されました。これは今のゲートとほぼ同様のもので、馬を個々にスタートラインに並ばせ、扉を一斉に開くことで発走できるようにしたものです。ウッド式の「軽すぎて馬が暴れると動いてしまう」などの欠点を改良したものが今の「ゲート」として採用されている電動式発馬機です。

「ゲート」の例文・用例

ゲート

ゲートを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●競走馬がゲートインする瞬間が一番ドキドキするよね。
●今のゲートの型番はJSS30型というらしいよ。

SNSでの「ゲート」の使われ方

「ゲート」の類義語

ゲートの類義語は、「スターティングゲート」「発馬機」「ゲート式発馬機」です。
これらもほぼ同義で使われ、競走馬が一斉にスタートするための設備のことです。

「ゲート」の対義語・反意語

ゲートの対義語・反意語はありませんでした。