「ジェネラル」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-08-28

「ジェネラル」の意味とは

ジェネラルには、「将軍」や「一般的な・総合的な」といった二つの意味があります。

名詞として使われる場合には「将軍」という意味になり、形容詞として使われる場合には、「一般的な・総合的な」という意味になります。

「ジェネラル」の語源

ジェネラルの語源は、英語の「general」です。

「ジェネラル」が正しい発音になりますが、日本語では「ゼネラル」と表記されることもあります。

カタカナ表記で「ジェネラル」を名詞として使う場合、単体で使うことはほとんどありません。

「ジェネラル〇〇」というような形で、名詞の前に置かれ、形容詞として使われることが多いです。

ビジネスシーンで使われる「ジェネラル」

ビジネスシーンで「ジェネラル」が使われるときは、「ジェネラルマネージャー」のように「ジェネラル〇〇」という形で作られることが多いです。

この場合、役職名の前などにつけて「総合的な」「総〇〇」という意味で使われます。

ジェネラルマネージャー

各店舗やエリアなどを管理するマネージャーたちを含め企業全体を管理する「総支配人」「総責任者」。

ジェネラリスト

「ジェネラリスト」は、幅広い知識を持つ人のことを指し、専門職とは逆の「総合職」「管理職」という意味を持ちます。

ジェネラル・スタッフ

「ジェネラル・スタッフ」は、企業経営者に直属して経営全般にわたり経営者を補佐・援助する部門のことです。

特に経営上の意思決定のための企画・予測・調査などを担当します。

ジェネラル・ストライキ

「ジェネラル・ストライキ」は複数の企業や組織の労働者が団結して大規模行うストライキのことです。

ゼネラルモーターズ

アメリカの自動車メーカーの社名のことです。

ゼネコン(ゼネラルコントラクター)

総合請負者の意味で、一般に土木・建築工事を行う大手の総合建設会社のことを指します。

医療業界で使われる「ジェネラル」

医療用語として「ジェネラル」が使われる場合は、専門分野にとらわれない「総合的な」という意味で使われます。

ジェネラルホスピタル

「総合病院」を意味し、内科、外科、皮膚科などの専門分野を総合的に扱える病院を意味します。

ドクタージェネラル

特定の専門分野に限定せず、総合的な視点から診療を行うドクターのことを指します。

「ジェネラル」の例文・用例

ジェネラル

ジェネラルを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●新しい ジェネラルマネージャーが決定し、大規模な人事異動が行われます。
●専門的な知識よりも ジェネラルな知識をもつ人材が必要とされています。

SNSでの「ジェネラル」の使われ方

「ジェネラル」の類義語

ジェネラルの類義語には、「全体的・総括的・普遍的・普通の」などがあります。
「全体的・総括的」は「総体的な」と似た意味で、「普遍的・普通の」は「一般的な」と似た意味になっています。

「ジェネラル」の対義語・反意語

ジェネラルの対義語は、「特殊な・専門的な」を意味する「スペシャル」です。