「ヘッドスライディング」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ヘッドスライディング」の意味とは

ヘッドスライディングとは、野球で塁を目標地点とする際、手を伸ばして飛び込むように頭から滑り込む方法のことです。「ヘッスラ」と略されることもあります。

「ヘッドスライディング」の概要

「スライディング」とはスポーツ全般の技術の一種で、地面に身体を擦りながら目標地点に向かって滑り込むことを指します。野球においては、主にランナーが目標の塁に進む際①素早く到達する②塁を踏み越えないように確実に停止する③身体の位置を低くすることで野手にタッチされるまでの時間を稼ぐといったことを主な目的として実行されます。

スライディングにはいくつかの型があり「ヘッドスライディング」もその一種です。両手を伸ばし、塁の手前から胸部と腹部を地面に滑らせ、伸ばした手で塁に触れるという方法をとります。

「ヘッドスライディング」のメリット・デメリット

ヘッドスライディングをするメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

ヘッドスライディングをするメリットとしては、スライディング全般のメリットである「素早く到達して確実に止まる」「身体を低くして野手から容易にタッチされないようにする」以外に、審判に熱意をアピールしやすいという点が挙げられます。
また、見栄えがよく気迫のあるプレーなので試合が盛り上がるという、ファンサービスのような側面もあります。

デメリット

ヘッドスライディングは滑り込んだ衝撃による突き指や骨折、脱臼などの怪我のリスクが大きいというデメリットがあります。
そのため、特に成長過程にある子供が行う野球では危険視されることがあります。

「ヘッドスライディング」の例文・用例

ヘッドスライディング

ヘッドスライディングを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

ヘッドスライディングって痛そうだなぁ…。
●一塁は駆け抜けるのとヘッドスライディングどちらが速いかよく議論されているね。

SNSでの「ヘッドスライディング」の使われ方

「ヘッドスライディング」の類義語

ヘッドスライディングの類義語は、「ヘッドファーストスライディング」です。
こちらもヘッドスライディングと同義で使われています。

「ヘッドスライディング」の対義語・反意語

ヘッドスライディングの対義語は、「フットファーストスライディング」です。
足から滑り込む方法のことで、単に「スライディング」という際はこちらを指すことが多いです。「ストレートスライディング」とも言います。