「フォルティッシモ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「フォルティッシモ」の意味とは

フォルティッシモとは、非常に強くという意味の演奏記号です。「フォルティシモ」とも表記します。また、譜面上では「ff」と書かれます。

「フォルティッシモ」の語源

フォルティッシモはイタリア語で「fortissimo」と表記します。
これは「強い」という意味の「forte(フォルテ)」という単語に、その意味をより強調する接尾辞である「-issimo」が付加した言葉です。
「フォルテ(f)」は演奏記号としても「強く」という意味で使われています。そのフォルテよりもさらに強く、というのがこの「フォルティッシモ」です。

「フォルティッシモ」の特徴

フォルティッシモは、演奏記号の中で「強弱記号」に分類されます

音符の表現においては、その音の高さ、長さ、音色の他に「強さ」があります。音の強さや弱さで音楽表現をすることを「強弱法」や「ダイナミクス」と言い、フォルティッシモはその「強さ」を強調するための記号のひとつです。

強弱記号の中には、「弱く」という意味の「ピアノ(p)」や、フォルティッシモよりさらに強く演奏する「フォルティッシッシモ(fff)」といった記号があります。

「フォルティッシモ」の例文・用例

フォルティッシモ

フォルティッシモを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●ここの音はフォルテじゃなくてフォルティッシモで行こう。
●もっとフォルティッシモの演奏を強調してください。

SNSでの「フォルティッシモ」の使われ方

「フォルティッシモ」の類義語

フォルティッシモの類義語はありませんでした。

「フォルティッシモ」の対義語・反意語

フォルティッシモの対義語は、「ピアニッシモ」です。
pp」と表記し、「非常に弱く」という意味で用いられます。