「クルトン」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「クルトン」の意味とは

クルトンとは、さいころ状にパンを切って再度焼く、炒める、揚げるなどした料理の素材です。
浮き身としてスープに浮かべる、サラダにトッピングするなど、料理に加えることで風味や食感を添えてくれます。
その他、パンをクルトンよりも細かく粉のようにして乾燥させたものを「パン粉」と言い、ハンバーグのつなぎやフライの衣として使用します。
また、大きく丸くカットして作ったクルトンは、ステーキや鶏肉などの料理の下敷きにします。

「クルトン」の語源

クルトンの語源は、フランス語でパンのふちの固い部分を表す「croute(クルート)」です。

「クルトン」の作り方

クルトンは家庭でも簡単に作れます。
まず、食パンを賽の目上に切っておきましょう。
フライパンの場合は塩コショウで味付けし、オリーブオイルをかけてかりっとするまで焼きます。
オーブントースターを使う場合は、塩コショウで味をつけ、オリーブオイルをかけて2~3分ほど焼けば完成です。

「クルトン」の保存方法

作ったクルトンは、フリーザーバッグに乾燥材とクルトンを入れた後、乾燥した冷暗所での保存が可能です。
クルトンをバッグに入れる際は、空気をしっかり抜くようにします。
長期保存をする場合は冷凍庫に入れ、一か月を目安に食べきりましょう。

「クルトン」の別の意味

食材としての「クルトン」以外では、PS3やPSPでプレイできるダウンロード専用のパズルゲームのことを指します。

「クルトン」の例文・用例

クルトン

クルトンを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●余り気味の食パンを小さく刻んで、カリッと焼いたらクルトンにしたら家族に評判が良かった。
●焼きそばにクルトンを入れたら意外な食感。

SNSでの「クルトン」の使われ方

「クルトン」の類義語

クルトンの類義語はありませんでした。

「クルトン」の対義語・反意語

クルトンの対義語・反意語はありませんでした。