「オラギャル(悪羅ギャル)」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「オラギャル(悪羅ギャル)」の意味とは

オラギャル(悪羅ギャル)とは、見た目が不良っぽいオラオラ系(悪羅悪羅系)なギャルという意味です。

「オラギャル(悪羅ギャル)」の語源

オラギャル(悪羅ギャル)の語源は、オラオラ系(悪羅悪羅系)なギャルです。

「オラギャル(悪羅ギャル)」の特徴

オラギャルは、ジャージやスウェットなどのセットアップのファッションを好む特徴があります。
メイクはキツめで、セクシーさと不良っぽさを融合させたスタイルのギャルです。

「オラギャル(悪羅ギャル)」で話題の人物

「No.1オラギャル」として人気を集めるモデルに「みぽち」こと坂本美穂がいます。
1991年生まれの、東京都出身で、現在はタレントとして活動しています。

オラギャルのファッション誌「SOUL SISTER(ソウルシスター)」(現在は休刊)のモデルとして活躍し、雑誌の表紙に幾度となく登場しました。

「オラギャル(悪羅ギャル)」の見分け方

オラギャルであるかどうかを見分ける一番早い方法は、ファッションに着目することです。

かわいい系のギャルとは異なり、オラギャルはジャージやスウェットなどを着こなすクールで不良っぽいギャルです。メイクも強めであることが多いです。

外見を判断基準に、オラギャルを探してみてはいかがでしょうか。

「オラギャル(悪羅ギャル)」の魅力を知る漫画

オラギャルの魅力を知ることができる漫画に『ヤカラブ』があります。
『ヤカラブ』とは、「輩(ヤカラ=不良)」と「ラブ」を組み合わせた造語で、現代版ヤンキー少女の恋愛といった意味があります。
No.1オラギャルとして有名なモデル「みぽち」こと坂本美穂の実体験をもとに漫画化した作品で、もとになった体験談は雑誌掲載時に大きな反響を読んだものです。

「オラギャル(悪羅ギャル)」の例文・用例

鬼羅ギャルオラギャル(悪羅ギャル)を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

オラギャル(悪羅ギャル)にあこがれてる。
オラギャル(悪羅ギャル)って強そうで、近寄りがたい。

SNSでの「オラギャル(悪羅ギャル)」の使われ方

「オラギャル(悪羅ギャル)」の類義語

オラギャル(悪羅ギャル)の類義語はありませんでした。

「オラギャル(悪羅ギャル)」の対義語・反意語

オラギャル(悪羅ギャル)の対義語は、「赤文字系」「青文字系」です。
「赤文字系」は、キレイ系のファッションの総称、「青文字系」とは、原宿などで見かける個性的なファッションの総称です。
「赤文字系」は、雑誌『JJ』『ViVi』『Ray』『CanCam』などのタイトルの文字色が赤であることからそう呼ばれるようになりました。
「青文字系」は、赤文字系に対応するように名付けられました。
ともに、オラオラ系とは対極にあるファッションです。