「ロックフォールチーズ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ロックフォールチーズ」の意味とは

ロックフォールチーズとは、ブルーチーズを代表するチーズで、2000年以上の歴史を持つフランスで最も古いチーズです。

真っ白なチーズに青カビが美しく模様をつけ、見た目が美しく、「チーズの皇帝」とも言われています。
イタリアの「ゴルゴンゾーラ」、イギリスの「スティルトン」とともに世界三大ブルーチーズと呼ばれる中、唯一羊の乳を原料としているのも特徴です。
ぴりっとした刺激のある味とクリーミーさが特徴で、個性的な味わいをしていることから通が好むチーズとして愛されてきました。

「ロックフォールチーズ」の語源

ロックフォールチーズの原産地は、フランス南部のロックフォール・シュール・スールゾン村で、村の洞窟で熟成が行われます。
洞窟に羊飼いがチーズを置き忘れたのが始まりという逸話もあるこの洞窟で、長期間熟成したチーズだけが、「ロックフォールチーズ」を名乗れるのです。

「ロックフォールチーズ」の製法

ロックフォールチーズは、まず温めた羊の乳に、青カビと凝乳酵素であるレンネットを加えます。
浮いてきた乳清を除去してできたカードに青カビを加え、型に入れ、斑点を繰り返すことで容器の穴から余分な水分が流れ出ます。
金串を多数縦に突き刺して空気孔を開け、洞窟で熟成させ、青カビが繁殖したところで金属箔で包み、さらに最低でも3か月間熟成させて完成です。
この洞窟に、チーズに最適な青かびである「ペニシリウム・ロックフォルチ」が存在したことと、亀裂から流入し洞窟内を流れる「フルリーヌ」と呼ばれる風が、ロックフォールチーズを作りました。

「ロックフォールチーズ」の食べ方

ロックフォールチーズは、はちみつやナッツと合わせたり、サラダに入れる、ドレッシング、ディップにするなどの方法で食べます。
ワインでは、甘口デザートワインによく合う風味です。

「ロックフォールチーズ」の例文・用例

ロックフォールチーズ

ロックフォールチーズを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●ブルーチーズが苦手だから、ロックフォールチーズはまだ食べたことがないの。
ロックフォールチーズのサラミが入ったのがすごくおいしいみたい。

SNSでの「ロックフォールチーズ」の使われ方

「ロックフォールチーズ」の類義語

ロックフォールチーズの類義語はありませんでした。

「ロックフォールチーズ」の対義語・反意語

ロックフォールチーズの対義語・反意語はありませんでした。