「トラットリア」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「トラットリア」の意味とは

トラットリアとは、イタリア語で郷土料理店という意味です。大衆食堂のような雰囲気やアットホームな雰囲気を持つ、気軽に入れるイタリア料理店をさします。

「トラットリア」の語源

トラットリアの語源は、イタリア語の「trattoria」です。
気軽に入れる、比較的小さく大衆的な料理店をさします。

「トラットリア」の特徴

日本では、イタリア料理の店名に「トラットリア〇〇」と付けるお店が増えてきています。

コース料理が振舞われるような堅苦しい雰囲気ではなく、アットホームで気軽に入れるイタリア料理店というニュアンスがあります。

「トラットリア」の表現の広がり

トラットリアのように、イタリア語を語源とした料理店の呼び名をいくつか紹介します。

ピッツェリア

イタリア語で、「ピッツァの専門店」をさします。

オステリア

イタリア語で、「ワインがメインの居酒屋さん」「大衆レストラン」をさします。もとは居酒屋と民宿を兼ねた店をさしました。

リストランテ

イタリア語で「レストラン」という意味です。トラットリア、ピッツェリア、オステリアに比べ高級で、コース料理の食事が提供されます。

エノテカ

イタリア語で、「ワインがメインのレストラン」、「ワイン酒蔵」という意味です。現地では、地元のワインを中心に扱うお店をさします。

バル

もとは、南ヨーロッパのイタリアやスペインなどにある、軽食が提供されるお店のことです。「バル」と発音しますが、「Bar」と表記します。

カウンターで立ち飲みするスタイルが多く、地域のコミュニケーションの場にもなっています。

「トラットリア」の例文・用例

トラットリア

トラットリアを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

トラットリアで食事をしよう。
トラットリアは居心地がよくて好きだ。

SNSでの「トラットリア」の使われ方

「トラットリア」の類義語

トラットリアの類義語はありませんでした。

「トラットリア」の対義語・反意語

トラットリアの対義語・反意語はありませんでした。