「グレード制」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「グレード制」の意味とは

グレード制とは、中央競馬の重賞競走における格付け制度のことです。

「グレード制」の由来

日本では1984年に、中央競馬が「グレード制」を導入しました。
それ以前は、1971年にイギリスやフランスで「グループ制」が、1973年にアメリカやカナダで「グレード制」による格付けが始まっていたので、日本の競馬もこの流れに乗ったことになります。
導入した頃は中央競馬独自のグレードでしたが、2010年には全ての重賞レースが国際グレードの格付けを得るようになりました。

「グレード制」の特徴

日本の中央競馬の重賞競走は、「GRADE」の頭文字をとって重要度の高い競走からGⅠ、GⅡ、GⅢと分けられています。また、障害競走というコース中に設置された障害物を越えながら競うレースは、上からJ・GⅠ、J・GⅡ、J・GⅢと格付けされています。

重賞競走というのは「パターンレース」という、毎年同じ時期に同じ条件で開催されるレースのことをいいます。日本の競馬では特別競走の中のひとつのレースですが、賞金が高額であり、特にGⅠレースは中央競馬の根幹ともなる重要なレースとされています。

また、競馬以外にも競艇やオートレース、競輪といった公営競技でこのグレード制が採用されています。

「グレード制」の例文・用例

グレード制

グレード制を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●海外でもグレード制を採用している国はあるんだね。
グレード制によってそのレースの重要度がわかるようになってるよ。

SNSでの「グレード制」の使われ方

「グレード制」の類義語

グレード制の類義語は、「グループ制」です。
イギリスやフランス、ドイツ、イタリア、オーストラリア、香港などの競馬では、パターンレースの格付けをグループ制で行っています。
上からグループ1、2、3と分かれており、日本などで用いられているグレード制とは互換性が認められています。そのため、グループ1はグレード1に相当するとみなされます。

「グレード制」の対義語・反意語

グレード制の対義語・反意語はありませんでした。