「平台」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「平台」の意味とは

平台とは、大当たりがない、または大当たりの出玉が少ないタイプのパチンコ機という意味です。

「平台」に当たるパチンコ機

現在は「平台」というと、「羽根モノ」と「チューリップ台」のことを指すのが一般的です。それぞれご紹介します。

羽根モノ

パチンコ盤面の下方にある「開放チャッカー」という場所に玉が入ると、盤面中央にある「役モノ(玉の動きをさゆうする仕掛け)」への道が開きます。
さらにその中の「Vゾーン」という場所へ玉が入れば大当たりという仕組みになっています。役モノへの道が開くときに羽根のように見えることから「羽根モノ」や「ヒコーキ」と呼ばれています。デジタル要素を極力少なくし、玉の動きや仕掛けを楽しめるようになっています。

チューリップ台

こちらは現在ではほぼ見られないタイプで、電子的な抽選機能を持たないパチンコ機のことです。
電動ではなく機械式の入賞口を開閉させて、そこに玉を入れることで玉が払い出されます。基本的には「大当たり」といったものはありません。
開いたり閉じたりする様子が花のチューリップに見えることから「チューリップ台」と呼ばれます。
もしくは、現在主流である「デジパチ」に対して「普通機」と呼ぶこともあります。

世代によって、羽根モノとまとめて「平台」と呼ぶこともあれば、チューリップ台のみを指すこともあります。

「平台」の例文・用例

平台

平台を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

平台なんて久しぶりに見たな、打ってみようかな。
●出玉は少ないけど、平台はレトロな感じがして楽しいよね。

SNSでの「平台」の使われ方

「平台」の類義語

平台の類義語は、「一般台」です。
こちらも平台と同義で使われることがあります。

「平台」の対義語・反意語

平台の対義語は、「デジパチ」です。
「デジタルパチンコ」の略称で、「セブン機」や「フィーバー機」とも呼ばれます。
デジタルのスロットマシンが組み込まれており、大当たりになると打ち止めまでその状態が続くため、払い出される玉が平台に比べて非常に多いのが特徴です。