「回転数」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「回転数」の意味とは

回転数とは、パチンコの大当たり抽選の回数という意味です。

「回転数」の概要

パチンコは、借りた玉を使ってパチンコ台で遊技をしながら、「大当たり」を目指してたくさんの賞球(玉が払い出されること)を期待するという一連の流れがあります。
この大当たりの回数が多いほどたくさんの賞球が受けられ、借りた玉を増やす(勝ち)ことができます。

大当たりになるには、大当たりの抽選が行われなければなりません。この抽選は、パチンコ盤面の中央下にある「スタートチャッカー」という場所に玉が入ることで行われます。
つまり、回転数はこのスタートチャッカーにどのくらい玉が入ってくれているかという回数になります。

「回転数」の確認方法

回転数は、台ごとに設置された「データランプ」で確認することができます。
データランプはパチンコ台の上にあり、回転数の他に大当たりなどの回数も確認することができます。様々な機種のデータランプがありますが、基本的な見方を心得ておけばそのパチンコ台が今どういう状態なのか一目でわかるものになっています。

玉がスタートチャッカーに入るとデジタルの図柄が変動するので、図柄が変動するごとに増えていく数値が回転数ということになります。
また、データランプには大当たりが出た直後からの回転数が表示されています。回転数が多いということはたくさんスタートチャッカーに玉が入っているということですが、何度入っても大当たりには繋がらなかったということにもなるのでこれをどう捉えるかは分かれるところとなっています。
前回の大当たりから回転数を重ねている台は「ハマり台」と呼ばれます。

「回転数」の例文・用例

回転数

回転数を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●この台すごい回転数だな。打ってみるか…。
回転数ってもっと気にした方がいいのかな?

SNSでの「回転数」の使われ方

「回転数」の類義語

回転数の類義語は、「スタート回数」「回転率」です。
スタート回数は、回転数と同義で使われています。

回転率は、回転数の期待値のことを言います。パチンコ店側ではパチンコ玉を100発打ったらいくつスタートチャッカーに入賞するか、というのを指標にしています。
一方、遊技をする側では1000円など決まった額の分の玉を借りた時にどれくらいスタートチャッカーに入賞するかという指標が一般的となっています。

「回転数」の対義語・反意語

回転数の対義語・反意語はありませんでした。