「換金率」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「換金率」の意味とは

換金率とは、パチンコ玉やスロットメダルを特殊景品に換金する際の1個あたりの値段の比率のことです。

「換金率」の概要

一般的に、パチンコ玉は1000円で250玉(=1玉4円)を、スロットのメダルは1000円で50枚(=1枚20円)を借りることが出来ます。(例外もあります)

しかし、換金率は地域や店舗(ホール)によってバラつきがあります。
例えば、1000円で250玉パチンコ玉借りて遊技を楽しんだ後、再び250玉分を特殊景品と交換した際に1000円になる場合と、1000円以下になる場合が考えられます。

前者を「等価交換」と呼び、後者を「非等価交換」と呼びます。
非等価交換は、1玉4円で借りたパチンコ玉が3円、2円と換金額が下がっていくにつれて「換金ギャップ」が大きくなっていくことになります。
この換金ギャップが大きいほど損をしたことになり、等価交換ができる場合の方が有利といえます。

「換金率」のルール

そのホールの換金率が事前にわかっていれば、等価交換をしてくれるところを選ぶことができますが、原則としてはホール側から遊戯者に交換率を発表してはいけない決まりとなっています。
そのため、特殊景品率の交換枚数などから推測している人も多く見られます。

「換金率」の注意点

換金率が高ければ必ず得をすると考えられそうですが、注意点があります。
ホール側は、換金率に応じた台の調整をしているのが一般的です。

パチンコであれば釘など、スロットであれば設定を調整し、換金率が高ければ当たりづらく、低ければ当たりやすいように設定されていることが多いです。

どんなに高い換金率でも、当たらなければ得をすることはないため、バランスを考えて遊戯を楽しむことが推奨されています。

「換金率」の例文・用例

換金率

換金率を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●ここのホールは換金率がちょっと低めだけど、当たりは出やすいから楽しいよ。
換金率が急に変わる場合もあるからよく情報収集しておかないとな。

SNSでの「換金率」の使われ方

「換金率」の類義語

換金率の類義語は、「交換率」です。
こちらも換金率と同義で使われています。

「換金率」の対義語・反意語

換金率の対義語・反意語はありませんでした。