「潜伏確変」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「潜伏確変」の意味とは

潜伏確変とは、確変なのに電チューサポートがつかない状態になることです。
パチンコでは、ほとんどの場合の大当たりは「確変当たり」と「通常当たり」のどちらかに振り分けられており、確変当たりを引ければ、次の大当たりまで高確率状態で回せます。
こうした確変状態に入ると、電チューサポートがつき、持ち玉を減らすことなく次の大当たりを待てるのが一般的ですが、まれに確変にもかかわらず電チューサポートがつかない状態になる機種があります。
電チューサポートがなく、画面演出でも確変状態だとわかりづらいことから「潜伏確変」と表現するようになりました。
「潜伏確変」は、搭載している機種としていない機種があります。

「電チューサポート」とは

「電動チューリップによるサポート」の略で、「電サポ」とも言います。
通常時より電動チューリップが開きやすくなり玉が入るので、持ち球が減りにくい状態です。
潜伏ではない確変は電チューサポートがつくことが多くなります。

「潜伏確変」の注意事項

潜伏確変中は、内部確変状態にもかかわらず電チューサポートを受けられないため、通常時同様持ち玉がどんどん減っていきます。
その上、電チューサポートが付いていれば玉を減らさず回せ、変動スピードも通常時より早くなるため、潜伏確変の状態は時間効率も悪くなるものです。
せっかくの確変当たりも潜伏確変大当たりの場合は、次回の当たりまで玉と時間も使いながら打ち続けることになります。

「潜伏確変」の例文・用例

潜状確変

潜伏確変を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●私の潜伏確変の歴史を聞いてください。
潜伏確変に入ったけれど、出玉はありませんでした。

SNSでの「潜伏確変」の使われ方

「潜伏確変」の類義語

潜伏確変の類義語はありませんでした。

「潜伏確変」の対義語・反意語

潜伏確変の対義語・反意語はありませんでした。