「谷町」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「谷町」の意味とは

谷町とは、相撲で力士のひいき筋や後援者、スポンサーという意味です。

多額の金銭を力士に援助し、後見人の立場にいる人のことを言います。
角界においては昔からなくては成り立たない存在とされてきました。
また、ひいきの客に散財させることを表しています。

なお、地名としての「谷町」は大阪府大阪市中央区にあり、松屋町筋と上町筋の間を南北にのび、谷町筋に沿っています。

「谷町」の語源

明治の末頃、相撲好きな大阪谷町筋の医者たちが、お金を取らずに力士たちの面倒を見、治療をしたことから呼ばれるようになったと言われています。
しかし語源には諸説あり、確証のある話は存在しないようです。
いずれの説でも「谷町に住んでいた相撲好きの〇〇と言う人が~」という部分は共通しているため、始まりの地が語源になったことは間違いがないとされています。

「谷町」の援助

谷町がする援助は、力士の本業である本場所、巡業のチケットの大量購入、客集め、私生活の金銭的な援助などです。

しかし、例えば力士を食事に連れていくだけでも数十万とかかる場合もあり、谷町になるためには、相当な資産家である必要があります。
谷町については最近では角界でも見直される傾向があり、芸能界やスポーツ界のように「ファンクラブ」「後援会」なども発足するようになりました、

「谷町」の別の意味や使われ方

谷町は歌舞伎や演歌を中心とした芸能界、プロレスなどのスポーツ界でも使われる言葉です。
プロ野球でも使われますが、この場合は悪質な取り巻きと言う意味で使われていることも少なくありません。

「谷町」の例文・用例

谷町

谷町を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●相撲取りの谷町になって、ひいきの力士が買ったら祝儀を渡す約束をした。
●うちの社長は谷町で、よく力士をちゃんこに連れて行っていた。

SNSでの「谷町」の使われ方

「谷町」の類義語

谷町の類義語は「スポンサー」「追っかけ」「後ろだて」などがあります。

「谷町」の対義語・反意語

谷町の対義語・反意語はありませんでした。