「大阪宝くじドリーム館」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「大阪宝くじドリーム館」の意味とは

大阪宝くじドリーム館とは、大阪府大阪市浪速区湊町にある、宝くじの歴史や文化、仕組みなどをわかりやすく紹介した展示館という意味です。

「大阪宝くじドリーム館」の歴史

初代の大阪宝くじドリーム館は、1986年9月に大阪の淀屋橋に開設されました。
2007年4月に、現在の大阪市浪速区湊町へ移転しました。

「大阪宝くじドリーム館」の特徴

宝くじドリーム館は東京と大阪の2か所にあり、宝くじの広報を行ったり、イベントスペースを貸し出したりしています。

大阪宝くじドリーム館は、大阪府大阪市浪速区湊町の複合ビルOCAT(オーキャット)の1階にある、宝くじの歴史や文化、仕組みなどをわかりやく紹介した展示館です。
展示コーナーでは、日本の宝くじの歴史、現在の宝くじ、世界の宝くじなどの紹介をはじめ、高額当選者に手渡されるハンドブックが閲覧できたり、1億円の重量体験などができるコーナーもあります。
抽選会が行われるステージでは、「ハッピードリーム~歌の贈りもの~」をはじめとする音楽ライブやクラシックコンサートなどが毎月開催されています。

「大阪宝くじドリーム館」の注意事項

入場料は無料で、気軽に立ち寄ることができます。
開館時間は、10時から18時までです。
休館日は、日曜日・祝日および年末年始です。(日曜日と祝日が重なる場合は、日曜日を開館日とし、月曜日を休館日としています。)

なお、現在は、新型コロナウィルスの影響で、開館時間が、月曜日から土曜日の10時から17時までに短縮されています。
また、抽選会場への出入りも禁止されており、無観客抽選会が行われています。

「大阪宝くじドリーム館」へのアクセス

交通アクセスは、下記のようになっています。
・大和路線 JR難波駅から徒歩1分
・Osaka Metro 難波駅:北改札口から徒歩2分(四つ橋線下車時)、北西・北東改札口から徒歩5分(御堂筋線下車時)、西改札口から徒歩3分(千日前線下車時)
・近鉄難波線・阪神なんば線 大阪難波駅:西改札口から徒歩3分

「大阪宝くじドリーム館」の例文・用例

大阪宝くじドリーム館

大阪宝くじドリーム館を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

大阪宝くじドリーム館に行って、宝くじの歴史を学んだ。
大阪宝くじドリーム館ではステージショーも行っている。

SNSでの「大阪宝くじドリーム館」の使われ方

「大阪宝くじドリーム館」の類義語

大阪宝くじドリーム館の類義語はありませんでした。

「大阪宝くじドリーム館」の対義語・反意語

大阪宝くじドリーム館の対義語・反意語はありませんでした。