「光ディスク」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「光ディスク」の意味とは

光ディスクとは、音楽や映像を写真などを記録できるCD、DVD、Blu-ray Discなどの総称で、樹脂などでできた円盤状の記憶媒体という意味です。
半導体レーザーが反射することによって、読み書きを行います。

ゲームでの「光ディスク」

家庭用ゲーム機では、任天堂から2001年9月14日に発売となった「ニンテンドーゲームキューブ」で、光ディスクを採用しました。

「光ディスク」のメリット

データの記録媒体には、USBメモリーやHDDなど様々な種類がありますが、価格が安価であることや、持ち運びや収納がしやすいこと、長期保存ができることが光ディスクの大きなメリットです。
また物理的な単価も安く、手に入れやすい点も良いと言えるでしょう。

「光ディスク」のデメリット

光ディスクに書き込むためには、書き込み対応の光学ドライブのほか、ライティングソフトウェアが必要です。
また、読み込みのためにディスクを回転させ、時間がかかることがあります。

「光ディスク」の例文・用例

光ディスク

光ディスクを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●CDも光ディスクの一種です。
●ベランダにカラスが来るからと、母が光ディスクをたくさんぶら下げた。

SNSでの「光ディスク」の使われ方

「光ディスク」の類義語

光ディスクの類義語はありませんでした。

「光ディスク」の対義語・反意語

光ディスクの対義語・反意語はありませんでした。