「硬口」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「硬口」の意味とは

硬口とは、「かたくち」と読み、人が馬に意思を伝える際に、ハミという馬の口に噛ませる棒状の金具を使いますが、唇の感覚が鈍く、人の意思がハミを通して十分に伝わらず、騎乗者の意に反して、頭を上げたり、ひっかかったりする馬という意味です。

「硬口」の特徴

競馬において、馬を調教する際に使われる言葉です。
馬に乗る人間の意思を、馬に伝える方法にハミ(馬の口に噛ませる棒状の金具)を使う方法がありますが、そのハミの操縦に抵抗したり、ハミを通して伝える命令に従順でない馬のことをさします。

「硬口」の注意事項

硬口の馬は、ハミを通しての意思伝達が難しいため、他の方法を使って、馬と人間のコミュニケーションをはかる必要があります。

「硬口」の認知度は高い?低い?

一般社会での認知度は高くありません。日常会話で使われることはほぼありません。
競馬に携わる人で、馬の調教を行なう人や、競馬に詳しい人が、馬の性格や気性を話す際に使う用語になります。

「硬口」はどこの界隈で使われるのか

競馬の業界で使われる言葉です。
馬の性格や気性を表し、馬を調教する際に使われることが多いです。

「硬口」の別の意味や使われ方

硬口という言葉は、別の意味や使われ方もあります。

砥石の種類

砥石のやわらかさをさす指標の一つで、硬い石を「硬口の砥石」といいます。

―包丁を研ぐのに、硬口の砥石を購入した。

「硬口」の例文・用例

硬口

硬口を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

硬口の馬で困っている。
●この馬は、ハミでは言うことを聞かない硬口だ。

SNSでの「硬口」の使われ方

「硬口」の類義語

硬口の類義語はありませんでした。

「硬口」の対義語・反意語

硬口の対義語・反意語はありませんでした。