「褥瘡発生予測スケール」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「褥瘡発生予測スケール」の意味とは

褥瘡発生予測スケールとは、褥瘡が発生するリスクを予測するために使う測定スケールのことです。

「褥瘡発生予測スケール」の概要

「褥瘡(じょくそう)」とは、一般的に「床ずれ」と呼ばれているものです。
寝たきりでいると、自力で寝返りができず皮膚と寝床が接している部位が体重によって圧迫されて血流が悪くなります。その結果、皮膚が「虚血性壊死」を起こしてしまい、ただれや水ぶくれ、傷や炎症が発生してしまいます。この症状を「褥瘡」といいます。
寝たきりだけでなく、長期間車椅子で生活をしている人にも起こりやすい症状です。

この「褥瘡」は、症状が進んでしまうと感染症の予防のために皮膚を切除する場合もあり、普通の擦り傷のように容易に治療できるものではありません。
そのため、そもそも「褥瘡をつくらない」ことが重要となってきます。

そこで用いられるのが「褥瘡発生予測スケール」となります。
褥瘡の発生リスクを的確に予測し、予防する上で欠かせないものとなっています。

「褥瘡発生予測スケール」の種類

褥瘡発生予測スケールには以下のような種類があります。

  • ブレーデンスケール
  • 小児に対するブレーデンQスケール
  • K式スケール
  • OHスケール
  • 脊髄損傷者に対するSCIPUSスケール
  • 厚生労働省危険因子評価票

年齢など患者の状況によってこれらが使い分けられています。

「褥瘡発生予測スケール」の例文・用例

褥瘡発生予測スケール

褥瘡発生予測スケールを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●きちんと褥瘡発生予測スケールを用いて、寝たきりの患者さんのケアを行ってください。
褥瘡発生予測スケールから見ると、褥瘡の危険度が高いので、こまめに体位を変えましょう。

SNSでの「褥瘡発生予測スケール」の使われ方

「褥瘡発生予測スケール」の類義語

褥瘡発生予測スケールの類義語は、「褥瘡のリスクアセスメント・スケール」です。
「リスクアセスメント」とはリスクの特定や分析、評価のことを指します。
褥瘡の発生に対して危険を予測するためのスケールとして、「褥瘡発生予測スケール」とほぼ同義で使われています。

「褥瘡発生予測スケール」の対義語・反意語

褥瘡発生予測スケールの対義語・反意語はありませんでした。