「イノヘッド」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「イノヘッド」の意味とは

イノヘッドとは、「京王井の頭線」や「井の頭公園」という意味です。

「イノヘッド」の語源

イノヘッドは、「井の頭」を「井の(イノ)」と「頭(ヘッド)」がもとになってできた言葉です。

「イノヘッド」と呼ばれる「井の頭公園」とは

井の頭公園は、正式名称を「井の頭恩賜公園」と言い、東京都武蔵野市御殿山にある、大正6年に開園した都立公園です。
以降は住宅地の中の緑豊かな公園として親しまれ、「日本さくら名所100選」にも選定されています。
武蔵野市と三鷹市をまたぐ広大な敷地は総面積約43万mあり、井の頭自然文化園や井の頭弁財天、人気の施設「三鷹市立アニメーション美術館(三鷹の森ジブリ美術館)」などがあります。
大きな井の頭池ではボートに乗ることもでき、休日は多くの人でにぎわいます。
しかし近年では、来園者のマナーの低下が目立ち、夜間の騒音やごみ問題、落書き、無断駐輪が問題となっています。
また、ごみの投棄で水質汚染が続く井の頭池は、井の頭恩賜公園100周年となる2017年まで、市民参加のもと掻い掘り(かいぼり)が3回おこなわれました。

「イノヘッド」と呼ばれる「京王井の頭線」とは

京王井の頭線は、東京都渋谷区にある渋谷駅と、武蔵野市にある吉祥寺駅を結んでいる、京王電鉄の鉄道路線のことです。

「イノヘッド」の例文・用例

イノヘッド

イノヘッドを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●渋谷駅ならイノヘッドに乗り換えができるよ。
●今日の帰り、イノヘッド寄って帰らない?

SNSでの「イノヘッド」の使われ方

「イノヘッド」の類義語

イノヘッドの類義語はありませんでした。

「イノヘッド」の対義語・反意語

イノヘッドの対義語・反意語はありませんでした。