「金パ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「金パ」の意味とは

金パとは、金髪という意味です。

「金パ」にしたい時の心理

髪を金パにしたくなる時の心理は、次のようなものが考えられます。

今の自分を変えたい

新しいことにチャレンジしたい時や、他人に認めてもらいたい時に金パにしたくなることがあるようです。
「承認欲求」とは人間が本来持っている欲求のひとつで、周りの人から認められたい、尊敬されたいと思う気持ちのことで、これが満たされないと劣等感や無力感を感じることになります。
また、金パはもっと好戦的・積極的に変わりたいという意思を強く表しているとも言います。

おしゃれを楽しみたい

好きな芸能人がおしゃれな金パにしているのを見て、真似をしてファッションを楽しみたいという人も大勢います。
学校では禁止されていることも多い金パですが、夏休みを利用して存分におしゃれを楽しむ学生も少なくありません。
学校が始まる前には黒髪に染め直します。

「金パ」の似合う顔立ち

金パはこのような顔立ちの人に似合うと言われています。

色の白い人

金パの色味は、肌の色が白い人に合うようです。
ふんわりと優しい印象になり、魅力がアップすると言われています。

メイクが好きな人

髪だけを金パにして、眉や目の色が真っ黒では違和感を感じます。
眉毛のカラーリングや、カラーコンタクトで瞳の色を変えるなどすることで、より美しい印象となるでしょう。

掘りの深い顔立ちの人

金パは外国人に多いため、目にする場合も彫の深い顔立ちのことが多いでしょう。
反対に、薄い和風の顔立ちには黒髪が良く合うとされています。

「金パ」にするためには

金パにするためには最低1~2回のブリーチが必要です。
元の髪の色が暗いほど、ブリーチの回数も必要となります。

「金パ」の注意事項

ブリーチは髪へのダメージが強いため、連続して行うと髪が切れるリスクがあります。
髪や頭皮へのダメージを抑えるため、ブリーチのし過ぎは注意しましょう。
サロンで金髪にする場合は、ブリーチした髪に色を乗せる「ダブルカラー」「トリプルカラー」をすることで、きれいな金髪になります。

「金パ」の例文・用例

 

金パ金パを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●あいつ夏休みに金パにしたの染め直さないで登校したのかよ。
金パは手入れが大変なのよね。

SNSでの「金パ」の使われ方

「金パ」の類義語

金パの類義語は、「金髪」「パツキン」「ブロンド」「プラチナブロンド」などです。

「金パ」の対義語・反意語

金パの対義語は、「黒髪」「ダークヘア」など、暗い色の髪を指す言葉です。